カイエビス(Kai soldierfish)

Scientific Name / Ostichthys kaianus (Günther, 1880)

カイエビスの形態写真

体長27cm前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正真骨下区棘鰭上目キンメダイ系キンメダイ目イットウダイ科アカマツカサ亜科エビスダイ属

    外国名

    Kai soldierfish

    学名

    Ostichthys kaianus (Günther, 1880)

    漢字・学名由来

    漢字 不明
    由来・語源 不明

    地方名・市場名

    ヨロイダイ[鎧だい]
    場所鹿児島県鹿児島市 

    生息域

    海水魚。水深150-300m。岩礁域。
    伊豆半島、和歌山県白浜、高知県柏島、沖縄舟状海盆、九州〜パラオ海嶺。台湾南部、バンダ海カイ島、オーストラリア北西岸、レユニオン島。

    生態

    基本情報

    珍魚の部類で、まとまってとれることはまったくない。
    一般的な評価、認知度はゼロに近い。

    水産基本情報

    市場での評価 エビスダイと混同されているのではないか。やや高値。
    漁法 刺し網
    産地 鹿児島県

    選び方

    触って張りがありへこまないもの。赤が強いもの。退色しているものは古い。

    味わい

    旬は不明。
    鱗は非常に硬く、すき引きも困難。鱗下の皮は赤く厚みがあり、やや硬い。骨はあまり硬くはない。
    少し赤みがかった白身で、熱を通すと硬く締まる。
    焼く、煮るよりも液体を使った汁などに向いている。
    ●1個体にしか出合っていない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    料理法 汁(潮汁、みそ汁)、刺身、煮つけ、塩焼き
    汁◆骨やあらなどから実に濃厚でうまいだしが出る。煮ることで身も柔らかくなり、甘味が感じられるようになる。
    刺身◆やや高めだが、味はいい。皮霜造りにしても美味しい。
    煮つけ◆煮るとかなり硬く締まってしまう。煮つけ方に工夫がいるのかも知れない。味はよい。
    塩焼き◆非常に硬く締まる。うま味があるものの美味しくはない。
    カイエビスの汁汁◆骨やあらなどから実に濃厚でうまいだしが出る。煮ることで身も柔らかくなり、甘味が感じられるようになる。
    カイエビスの刺身刺身◆やや高めだが、味はいい。皮霜造りにしても美味しい。
    カイエビスの煮つけ煮つけ◆煮るとかなり硬く締まってしまう。煮つけ方に工夫がいるのかも知れない。味はよい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/田中水産 鹿児島県鹿児島市
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「カイエビス」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ