クロオビマツカサ(Shoulderbar soldierfish)

Scientific Name / Myripristis kuntee Cuvier, 1831

代表的な呼び名アカユー

クロオビマツカサの形態写真

体長15cm前後になる。尾鰭上舌葉は細い。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正真骨下区棘鰭上目キンメダイ系キンメダイ目イットウダイ科アカマツカサ亜科アカマツカサ属

    外国名

    Shoulderbar soldierfish

    学名

    Myripristis kuntee Cuvier, 1831

    漢字・学名由来

    漢字 黒帯松毬(kuroobimatukasa)
    由来・語源 「黒帯」は鰓蓋骨とその周辺にある褐色(赤みの濃い)横斑紋が帯状であるため。
    Cuvier
    バロン・ジョルジュ・レオポルド・クレティアン・フレデリック・ダゴベール・キュヴィエ(Baron Georges Léopold Chrétien Frédéric Dagobert Cuvier 1769-1832) スエーデンのリンネ、フランスのビュフォンの分類体系に解剖学や古生物学などを加味して現在の形の礎を作った巨人のひとり。

    地方名・市場名

    アカユー アカイユー
    場所沖縄本島 

    生息域

    海水魚。サンゴ礁。
    琉球列島。八丈島、小笠原諸島、和歌山県串本、高知県以布利・柏島、屋久島。台湾南部、東沙諸島、南沙諸島、インド-太平洋。

    生態

    基本情報

    沖縄では他のアカマツカサ属と一緒にされて流通する。
    味のよさは知られているが、種単独での認知度は低い。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『原色 沖縄の魚』(具志堅宗弘 タイガー印刷 1972)
  • 主食材として「クロオビマツカサ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ