ヤセエビス(Spinyface soldier)

Scientific Name / Pristilepis oligolepis (Whitley, 1941)

ヤセエビスの形態写真

27cm SL 前後になる。体側にくっきりとした白い斑点が縦の列を作る。背鰭棘は12。鼻骨は非常に長く吻端を超える。鼻骨と鼻骨の間の溝は菱形に近い。涙骨には上顎骨にかぶさる突起がある。
ヤセエビスの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
27cm SL 前後になる。体側にくっきりとした白い斑点が縦の列を作る。背鰭棘は12。鼻骨は非常に長く吻端を超える。鼻骨と鼻骨の間の溝は菱形に近い。涙骨には上顎骨にかぶさる突起がある。背鰭棘は12。鼻骨は非常に長く吻端を超える。鼻骨と鼻骨の間の溝は菱形に近い。涙骨には上顎骨にかぶさる突起がある。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正真骨下区棘鰭上目キンメダイ系キンメダイ目イットウダイ科アカマツカサ亜科ヤセエビス属
    外国名
    Spinyface soldier
    学名
    Pristilepis oligolepis (Whitley, 1941)
    漢字・学名由来
    漢字 痩恵比須
    由来・語源/『日本産魚類検索』(岡田彌一郎、松原喜代松 三省堂 初版1936、第二版1943)に新称とある。当時国内でエビスダイとともにエビスダイ属とされていた。また同じく当時、エビスダイ属は本種とエビスダイの2種しか見つかっていなかったので、エビスダイと比べると細いもしくは小さいので、痩恵比寿としたのではないかと考える。
    Whitley
    Gilbert Percy Whitley(1903-1975 オーストラリアの魚類学者 Australian ichthyologist)。南半球オーストラリア周辺だけではなく、国内にも生息する多くの魚を記載。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。大陸棚。
    伊豆大島、八丈島、小笠原諸島、相模湾、三重県尾鷲市、愛媛県愛南、屋久島。
    インド洋レユニオン島、西オーストラリア・ロードハウ島、ハワイ諸島、イースター島。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/岩田昭人さん(三重県尾鷲市)、遠藤勇樹さん(神奈川県真鶴町)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ヤセエビス」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ