アカマツカサ(Blotcheye soldierfish)

Scientific Name / Myripristis berndti Jordan and Evermann, 1903

アカマツカサの形態写真

24cm SL 前後になる。下顎は上顎よりも前に出、下顎の歯塊は1対。鰓蓋膜の黒色域は主鰓蓋骨の少し下まで伸びる。胸鰭腋部に小さな鱗がある。背鰭棘膜上方部は黄色。背鰭棘数は11、背鰭第10と11の間は完全に分離。
アカマツカサの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
24cm SL 前後になる。下顎は上顎よりも前に出、下顎の歯塊は1対。鰓蓋膜の黒色域は主鰓蓋骨の少し下まで伸びる。胸鰭腋部に小さな鱗がある。背鰭棘膜上方部は黄色。背鰭棘数は11、背鰭第10と11の間は完全に分離。鰓蓋膜の黒色域は主鰓蓋骨の少し下まで伸びる。背鰭棘数は11、背鰭第10と11の間は完全に分離。胸鰭腋部に小さな鱗がある。下顎の歯塊は1対。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正真骨下区棘鰭上目キンメダイ系キンメダイ目イットウダイ科アカマツカサ亜科アカマツカサ属

    外国名

    Blotcheye soldierfish

    学名

    Myripristis berndti Jordan and Evermann, 1903

    漢字・学名由来

    漢字 赤松毬
    由来・語源 長崎での呼び名。硬くて大きい鱗が松毬(まつぼっくり)を思わせるため。
    Temminck
    コンラート・ヤコブ・テミンク Coenraad Jacob Temminck(1778-1858 オランダ) シュレーゲルとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    Schlegel
    ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。

    地方名・市場名

    カネヒラ カゲキヨ
    場所和歌山県 

    生息域

    海水魚。サンゴ礁。
    小笠原諸島、南鳥島、屋久島、奄美大島、琉球列島、久米島、慶良間諸島、西表島。
    台湾南部、東沙諸島・南沙諸島、インド-太平洋域。

    生態

    基本情報

    サンゴ礁などで群れを作り、まとまってとれるので熱帯、亜熱帯域では重要な食用魚だ。
    国内では鱗が強く下ろすのが難しいので安値で人気がない。
    小型なので安くて総菜魚として重宝する。

    水産基本情報

    市場での評価/鹿児島県、沖縄県などで流通する。比較的安い。
    漁法/定置網
    産地/沖縄県、鹿児島県

    選び方

    赤みが強いほうが新しい。

    味わい

    旬は春から夏。
    鱗は大きく硬く取りにくい(アカマツカサ亜科のなかでは取りやすい)。皮は比較的厚みがありしっかりして強い。骨はあまり硬くない
    透明感のある白身で秋の固体は脂がなく硬く締まる。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
  • 主食材として「アカマツカサ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ