ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

メナダ(英名/Mullet,Redlip mullet)

Scientific Name / Chelon haematocheilus (Temminck & Schlegel, 1845)

メナダの形態写真

体長60cm前後になる。頭部は小さく、縦扁(縦に平たい)し上から見ると頭が大きくえらが張って見える。鱗は大きく、目は赤味、もしくは黄味を帯びている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スメグマモルフ系ボラ亜系ボラ目ボラ科メナダ属
    外国名
    英名/Mullet,Redlip mullet
    学名
    Chelon haematocheilus (Temminck & Schlegel, 1845)
    漢字・学名由来
    漢字 目奈陀
    由来・語源 東京での呼び名。
    地方名・市場名
    成長にともなう呼び名
    佐賀県有明海周辺では出世魚でエビナゴ→エビナ→アカメ→ヤスミ→ナヨシ。
    地方名
    アカメ(赤目)/岡山県備前市日生
    アカメボラ(赤目鯔)/石川県七尾市七尾魚市場
    シクチ/広島県倉橋島・江田島、熊本県三角町
    シュクチ(朱口)/岡山県備前市日生
    ナヨシ/三重県尾鷲市(岩田昭人さんより)
    ミョウキチ/三重県尾鷲市(岩田昭人さんより)
    ヤスミ/熊本県熊本市、福岡県柳川、有明海では。
    ■出世魚
    コスリ(当歳魚)→トウブシ(2、3歳魚)→メナダ(老成魚)
    ■他にはアカメゴ、アカメボラ、アラハダ、イセゴイ、イセデイ、イチ、エビナ、エビナ、エベナ、コスリ、シユクチボラ、スクチ、タイノムチ、チクラ、ツブラ、トウブシ、ドオセイ、ドウナイ、ナカセ、バイ、バンバ、ヒクチ、フルカマギ、ボウズ、ホソ、ボラ、マイオ、マメツブラ、ミョウゲツ、メアカ(目赤)、メクサリ、メヂカ、メナズ。
    ■文献より
    生息域
    内湾、汽水域、河川。
    北海道全沿岸、、青森県〜山口県の日本海沿岸、瀬戸内海、有明海、岩手県〜三重県の太平洋沿岸、土佐湾、大分県、大隅半島。アムール川、サハリン、千島列島南部太平洋沿岸、朝鮮半島全沿岸、遼寧省〜トンキン湾。
    生態
    産卵期は西日本では春。
    基本情報
    ボラに非常に似ている。本種に馴染みのない関東ではボラと混同しかねない。
    有明海では明らかに高級魚のひとつ、瀬戸内海でも非常に好まれている。
    ボラの旬は寒い時期だが、本種は夏に味がいい。
    有明海では明らかに夏の魚である。
    水産基本情報
    市場での評価 関東で見かけることはほとんどない。まれに流通するが安い。
    漁法 刺し網
    産地 佐賀県、岡山県
    選び方
    触って張りのあるもの。鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    梅雨時から夏にかけてが旬。
    鱗は薄く大きく取りやすい。骨は細く柔らかい。
    血合いのきれいな透明感のある白身。臭みやくせはまったくない。
    熱を通しても硬くならない。
    汁にして旨みのあるだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身(洗い)、汁(鍋物)、塩焼き、煮つけ
    メナダの刺身
    メナダの刺身 ボラは希に臭味がある個体があるが、本種はそれがない。血合いが非常に美しく、うま味も強い。甘味が豊かで食べ飽きない。
    塩焼き 皮に独特の好ましい風味がある。身離れがよく、ほどよく繊維質で非常にうまい。
    煮つけ 淡泊ではあるが、身が緻密でまことに美味。
    吸いもの、みそ汁などにして非常に美味である。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/岩田昭人さん、日美丸 平本勝美さん(漁師)、三宅直治さん
    佐賀県有明海漁業協同組合、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
  • 主食材として「メナダ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ