ボラ属

Classification Mugil Linnaeus, 1758

ボラ科(Mugilidae)について


ボラ科の魚類は汽水域、内湾に生息する。国内のボラ科の魚は16種類ほど、熱帯にいくとボラ科の種類が増える。

国内で食用となるボラ科はボラとメナダの2種。ボラは全世界の温帯・亜熱帯域にいて、世界的にも重要な食用魚。卵巣を使った「からずみ」なども世界各地で作られている。

メナダは有明海や瀬戸内海などに多く、またボラよりも寒冷な海域にいる。漁獲量が少なくあまり知られていない。
国内に9属。
Cestraeus Valenciennes, 1836/カワボラ属
Chelon Artedi, 1793/メナダ属
Crenimugil Schultz, 1946/フウライボラ属
Ellochelon Whitley, 1930/オニボラ属
Moolgarda Whitley, 1945/タイワンメナダ属
Mugil Linnaeus, 1758/ボラ属
Neomyxus Steindachner, 1878/クチボソボラ属
Oedalechilus Fowler, 1903/ワニグチボラ属
Valamugil Smith, 1948

ボラ属(Mugil)について


国内にはボラ一種のみ。

ボラは世界的にも重要な食用魚。卵巣の加工品も地中海をはじめ世界中で作られている。
●Mugil cephalus Linnaeus, 1758/ボラ
Mugil bananensis (Pellegrin, 1927)
Mugil brevirostris (Ribeiro, 1915)
Mugil broussonnetii Valenciennes, 1836
Mugil capurrii (Perugia, 1892)
Mugil curema Valenciennes, 1836
Mugil curvidens Valenciennes, 1836
Mugil gaimardianus Desmarest, 1831
Mugil galapagensis Ebeling, 1961
Mugil gyrans (Jordan & Gilbert, 1884)
Mugil hospes Jordan & Culver, 1895
Mugil incilis Hancock, 1830
Mugil liza Valenciennes, 1836
Mugil longicauda Guitart & Alvarez-Lojonchere, 1976
Mugil margaritae Menezes, Nirchio, Oliveira & Siccharamirez, 2015
Mugil rubrioculus Harrison, Nirchio, Oliveira, Ron & Gaviria, 2007
Mugil setosus Gilbert, 1892
Mugil thoburni Jordan & Starks, 1896
Mugil trichodon Poey, 1875

ボラ属に属する仲間一覧

サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト