ホソアオトビ(Bony flyingfish)

Scientific Name / Hirundichthys oxycephalus   (Bleeker, 1852) 

ホソアオトビの形態写真

体長25cm前後になる。小型で細長い。尻鰭の先方の始まりは背鰭の前方の始まりとほとんど同じ位置にある。胸鰭は黒く後縁には透明な部分があるものの目立った透明域はない。
ホソアオトビの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長25cm前後になる。小型で細長い。尻鰭の先方の始まりは背鰭の前方の始まりとほとんど同じ位置にある。胸鰭は黒く後縁には透明な部分があるものの目立った透明域はない。胸鰭は黒く後縁には透明な部分があるものの目立った透明域はない。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区棘鰭上目スメグマモルフ系トウゴロウイワシ亜系ダツ目トビウオ亜目トビウオ科ニノジトビウオ属

    外国名

    Bony flyingfish

    学名

    Hirundichthys oxycephalus   (Bleeker, 1852) 

    漢字・学名由来

    漢字/細青飛
    由来・語源/「東京都水産試験場八丈現業場長菅野裕氏が昭和26年(1951)仮に用いておられたのを採用させていただいたのを採用させて戴いたものである」『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。
    種子島、屋久島、琉球列島。宮城県歌津沖、千葉県天津沖、八丈島、秋田県、若狭湾、山陰沖、福岡県津屋崎、長崎県。朝鮮半島南岸、江蘇省、台湾、インド-西太平洋の暖海域。

    生態

    基本情報

    トビウオ類は南にいくほど種類が多く、沖縄で食用になっているものは数知れずだと思う。
    そのなかでも小振りで利用率の低いものだと思われる。

    水産基本情報

    市場での評価 産地周辺のみで取引されている。たぶん安いと思う。
    漁法
    産地 沖縄県

    選び方

    青みの強いもの。張りのあるもの。鰓の赤いもの。

    味わい

    旬は不明。
    鱗は薄く取りやすい。皮はやや厚みがある。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で生で食べてもうま味がある。熱を通しても硬く締まりすぎない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    料理法 焼く(塩焼き、干もの)、揚げる(唐揚げ)

    一夜干し 開いて立て塩に漬け込んで、一晩干し上げたもの。うま味が強く、青魚特有の好ましい風味が楽しめておいしい。
    唐揚げ 開いて鰭をつけたまま片栗粉をまぶし揚げたもの。胸鰭などがとても香ばしく、身にうま味があって味わい深い。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/崎原さしみ店(沖縄県石垣市)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「ホソアオトビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ