カラストビウオ(Margined flyingfish)

Scientific Name / Cheilopogon cyanopterus (Valenciennes, 1847)

カラストビウオの形態写真

体長40cm前後になる。細長く、側面から見ると低い猫の目形をしている。体色は青黒い。胸鰭は前方から2本(1本目は痕跡的で指の感触でわかるのみ)までが不分枝で長く、全体に青黒い。背鰭には黒い斑紋がある。
カラストビウオの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長40cm前後になる。細長く、側面から見ると低い猫の目形をしている。体色は青黒い。胸鰭は前方から2本(1本目は痕跡的で指の感触でわかるのみ)までが不分枝で長く、全体に青黒い。背鰭には黒い斑紋がある。胸鰭は長く、全体に青黒い。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区側棘鰭上目スメグマモルフ系トウゴロウイワシ亜系ダツ目トビウオ亜目トビウオ科ハマトビウオ属

    外国名

    Margined flyingfish

    学名

    Cheilopogon cyanopterus (Valenciennes, 1847)

    漢字・学名由来

    漢字/烏飛魚
    由来・語源/胸鰭がカラスの羽のように黒いため。
    Valenciennes
    アシル・バランシエンヌ(Achille Valencienne 1794-1865)はフランスの動物学者。ジョルジュ・キュビエとともに『魚類の自然誌』を刊行。国内で水揚げされる多くの魚を記載。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。
    若狭湾、伊豆諸島、高知県以布利島、鹿児島県種子島・屋久島、琉球列島。
    台湾、済州島、インド-西太平洋の熱帯域。

    生態

    基本情報

    小笠原諸島、鹿児島県、沖縄県などで水揚げされるもの。6月〜9月にかけて産卵群がとれる。大型で味のいいトビウオである。屋久島では卵、鮮魚など用途も広い。

    水産基本情報

    市場での評価/鹿児島県、沖縄県で水揚げがある。安い。
    漁法/巻き網、定置網
    産地/鹿児島県

    選び方

    触って張りのあるもの。

    味わい

    旬は漁期に重なっていて5月〜盛夏まで。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、鹿児島県で漁獲されるトビウオの種類(鹿児島県水産技術センター)
  • 主食材として「カラストビウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ