バショウトビウオ(African sailfin flyingfish)

Scientific Name / Parexocoetus mento (Valenciennes, 1846)

バショウトビウオの形態写真

体長17cm前後になる。胸鰭は短く先端は尻鰭後端に達しない。胸鰭は透明。背鰭は先端のみ黒い。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区側棘鰭上目スメグマモルフ系トウゴロウイワシ亜系ダツ目トビウオ亜目トビウオ科ツマリトビウオ属

    外国名

    African sailfin flyingfish

    学名

    Parexocoetus mento (Valenciennes, 1846)

    漢字・学名由来

    漢字/芭蕉飛魚
    由来・語源/不明。
    Valenciennes
    アシル・バランシエンヌ(Achille Valencienne 1794-1865)はフランスの動物学者。ジョルジュ・キュビエとともに『魚類の自然誌』を刊行。国内で水揚げされる多くの魚を記載。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。
    熊本県天草、神奈川県三浦半島、和歌山県串本、高知県以布利・土佐清水、九州南岸、屋久島、琉球列島。
    朝鮮半島南岸、台湾、インド-西太平洋の熱帯域。マーシャル諸島、フィジー諸島。

    生態

    基本情報

    トビウオ科では小振りであるため専門の漁はないものと思われる。
    食べるとおいしいが利用されているかなどは不明。

    水産基本情報

    市場での評価/流通上見ていない。
    漁法/
    産地/鹿児島県

    選び方

    腹などの銀色が輝いている。目の澄んでいるもの。

    味わい

    旬は不明。
    鱗は薄くやや大きい。取るのはたやすい。骨は柔らかい。
    白身で血合いが大きい。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    揚げる(唐揚げ)、焼く(干もの)
    バショウトビウオの唐揚げ
    バショウトビウオの唐揚げ 小振りなので無駄なく使いたい。とすると丸のまま揚げるのが合理的だ。背開きにして片栗粉をまぶしてじっくりと二度揚げ。頭からかぶりつくと香ばしく、青魚のうまさも楽しめる。
    バショウトビウオの一夜干しバショウトビウオの一夜干し 背開きにして振り塩をする。ビニール袋などで密閉する。一日寝かせて、半日ほど干し上げる。あまり強く干さない方がいい。皮目に独特の風味があってとてもおいしい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/川東守昭さん・繭右さん、屋久島安房のみなさん
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「バショウトビウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ