ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

イダテントビウオ(Tropical two-wing flyingfish)

Scientific Name / Exocoetus volitans Linnaeus, 1758

イダテントビウオの形態写真

体長21cm前後になる。腹鰭は短く、尻鰭に届かない。ずんぐりした体形で腹鰭が身近い。胸鰭の最後端のみが透明。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区側棘鰭上目スメグマモルフ系トウゴロウイワシ亜系ダツ目トビウオ亜目トビウオ科イダテントビウオ属
    外国名
    Tropical two-wing flyingfish
    学名
    Exocoetus volitans Linnaeus, 1758
    漢字・学名由来
    漢字/韋駄天飛魚
    由来・語源/
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。
    地方名・市場名
    生息域
    海水魚。伊豆諸島〜琉球列島の黒潮海域、常磐・房総半島沖。朝鮮半島南沖、台湾、ピーター大帝湾でも発見されている。全世界の暖海域。
    生態
    基本情報
    主に亜熱帯域や黒潮の影響のある温かい海域にいる小型のトビウオ。
    本種だけでの流通はないのではないかと思われる。
    オオナツトビ、トビウオなどに混ざっているのを見る。
    水産基本情報
    市場での評価 主に沖縄県や鹿児島県諸島部などで見かけるもの。単体での入荷はほとんどないのではないかと思う。安い。
    漁法
    産地 沖縄県
    選び方
    触って張りのあるもの。青みを帯びていること。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は薄く大きく取りやすい。皮はやや硬い。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で血合いが強い。熱を通すと硬く締まる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/崎原さしみ店(沖縄県石垣市)
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「イダテントビウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ