オニカサゴ(Hairy stingfish)

Scientific Name / Scorpaenopsis cirrhosa (Thunberg, 1793)

オニカサゴの形態写真

SL 20cm前後になる。小型。体高は低く断面はやや円形に近い。吻は著しく長くなく、体側の後半に黒い斑点がある。
オニカサゴの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 20cm前後になる。小型。体高は低く断面はやや円形に近い。吻は著しく長くなく、体側の後半に黒い斑点がある。SL 20cm前後になる。小型。体高は低く断面はやや円形に近い。吻は著しく長くなく、体側の後半に黒い斑点がある。SL 20cm前後になる。小型。体高は低く断面はやや円形に近い。吻は著しく長くなく、体側の後半に黒い斑点がある。SL 20cm前後になる。小型。体高は低く断面はやや円形に近い。吻は著しく長くなく、体側の後半に黒い斑点がある。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★★
      一般的(流通量は普通)
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目フサカサゴ科オニカサゴ属

    外国名

    Hairy stingfish

    学名

    Scorpaenopsis cirrhosa (Thunberg, 1793)

    漢字・学名由来

    漢字 「鬼瘡魚」、「鬼笠子」。
    由来 神奈川県三崎での呼び名。面構えが鬼のようであるから。
    Thunberg
    Carl Peter Thunberg [カール・ペーテル・ツンベルク(チュンベリー) 1743-1828 スウェーデン]。博物学者。1775(安永4)-1776(安永5)長崎の出島に滞在。江戸参府も果たしている。『Flora Japonica(日本植物誌)』。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。水深5〜171メートル。
    伊豆諸島、千葉県外房〜鹿児島県志布志湾までの太平洋沿岸、秋田県〜九州北岸の日本海沿岸、長崎県橘湾、大阪湾。
    少ない/屋久島、トカラ列島、沖縄伊江島。
    済州島、台湾北東部・南部、香港。

    生態

    基本情報

    比較的暖かい海域の浅場にいる。あまり大型にはならず、漁の主要な獲物とはいえない。
    流通上では単にカサゴとして流通することが多い。カサゴよりも安く、流通量も少ない。

    水産基本情報

    市場での評価 入荷量は少ない。あまり高くはない。
    漁法 刺し網、釣り
    産地 長崎、熊本、和歌山など

    選び方

    外見からは鮮度がわかりずらい。触って硬いもの。鰓がきれいなもの。

    味わい

    旬は秋から春
    棘に気をつけて料理して欲しい。慣れない人は最初にキチンばさみなどで棘を切り取っておくといいかも。
    鱗は細かく、鱗引きよりもワイヤーブラシなどの方が取りやすい。骨はやや硬く、皮はしっかりしている。
    透明感のある白身。あらから非常にいいだしが出る。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    オニカサゴの料理法・食べ方/煮る(煮つけ、鍋)、汁(みそ汁、潮汁)、揚げる(唐揚げ)、生食(刺身)

    オニカサゴの煮つけ 水洗いして湯通しする。冷水に落として残った鱗やぬめりをていねいに流す。これを酒・しょうゆ味で煮つけたもの。みりん、砂糖など甘味を使ってもいい。非常に豪華絢爛な煮つけになる。皮、骨の間の身などをじっくり食べて欲しい。締まった身に甘みがあり、部分部分の味を楽しめる。骨湯はぜひともやっていただきたい。

    オニカサゴの鍋 身よりも皮、胃袋、肝などの内臓がうまい。そしてだしのうまさも出色。骨と棘だらけなので、歩留まりが悪い。あまり大きな魚ではないので水洗いして適当に切り、湯通しする。冷水に落として残った鱗やぬめりをていねいに流す。これを昆布だし、酒・塩で煮ながら食べる。身は煮ても硬くならず甘みがある。いいだしが出るので、汁と一緒に食べて欲しい。野菜や豆腐などはお好みで。

    オニカサゴの潮汁 あらや腹腔膜、胃袋、肝などを集めて置く。小型はそのまま適当に切る。湯通しして冷水に落として、めんどうでもていねいに鱗やぬめりを流す。これを昆布だしで煮だして酒と塩で味つけする。非常にうま味豊かで、しかも上品なだしが出る。煩わしければ汁だけのんでもいいが、へばりついた皮や身もうまい。

    オニカサゴのみそ汁 小型はそのまま適当に切る。大型は刺身などにもなるので、あらや腹腔膜、胃袋、肝などを集めて置く。湯通しして冷水に落として、めんどうでもていねいに鱗やぬめりを流す。これを水から煮出してみそを溶くだけ。味わい豊かな汁でご飯にも合う。

    オニカサゴの唐揚げ 水洗いして適当に切り、片栗粉をまぶしてじっくりと二度揚げする。ここまでしても中骨などは食べられないものの、ひれや皮が香ばしく、身が締まって甘味がある。揚げ上がりに塩をかけないで、しょうゆをつけて食べるとご飯にも合う。

    オニカサゴの刺身 活け締めを水洗いして、三枚に下ろし、血合い骨を抜き刺身状に切る。皮と肝、卵巣は湯引きして盛り合わせたもの。上品でイヤミのない味わい。皮や肝などがいいアクセントになる。皮にうまみがあるので、皮霜造り、焼霜造りにする方がよかったかも。

    好んで食べる地域・名物料理



    アラカブオコゼのみそ汁 長崎県雲仙市の佐藤厚さんに教わったもの。ただオニカサゴを水で煮てみそを溶くだけだが、これがいちばんうまい作り方でもある。魚のほかにワカメ、豆腐、あおさ(ヒトエグサ)、ねぎなどを入れる。ここではあおさ、玉ねぎ、ねぎを使った。雲仙市のみそ汁の基本は麦みそである。当地の麦みそを取り寄せて作ってみたらまったりとした柔らかな味わいに仕上がった。

    アラカブオコゼの湯がけ(ギョブの湯がけ) 長崎県雲仙市小浜富津の郷土料理。比較的一般的な料理用語では「皮霜造り」にあたる。水洗いして三枚に下ろし、腹骨と血合い骨を抜く。片身をまな板などにのせて湯をかけて、氷水に落とす。水分をよく取り、刺身状に切る。梅肉やしょうが醤油、わさび醤油、柑橘類などで食べてもいい。[佐藤厚さん]

    加工品・名産品

    釣り情報

    陸からの投げ釣りなどにかかってくる。小魚を生き餌にしてもくる。

    歴史・ことわざ・雑学など

    ■ 江戸時代の武士の家では端午の節句にお膳につけた。
    磯の笠子は口ばかり 磯にいる笠子は口ばかり大きくて食べるところがない。すなわり口ばかり達者で実行が伴わないの例え。

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『魚』(1940 田中茂穂 創元社)、『魚偏に遊ぶ 日本回遊博物誌』(田中秀男 PMC出版)

    地方名・市場名

    ゴウザカブ
    場所福桶間福岡市 備考長浜鮮魚市場20181120 
    ギョブ
    場所長崎県雲仙市 参考佐藤厚さん 
    アラカブオコゼ
    場所長崎県雲仙市小浜 参考佐藤厚さん 
    ガガネ
    場所島県阿南市椿泊『椿泊漁業協同組合』 備考他のカサゴ類とともに。 
    カラコ
    場所山口県下関市 
    ゴウチ
    場所山口県長門市仙崎魚市場 
    ホゴ ホゴメバル
    場所広島県広島中央市場 
  • 主食材として「オニカサゴ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ