ミノカサゴ属

Classification PteroisOken, 1817

スズキ目について

沖縄の水揚げで揚がるほとんど総てガスズキ目 食用魚のほとんどがスズキ目。他の目すべてを合わせよりも種数は多いと思う。
 鰭、棘などが発達した高等な魚類。

フサカサゴ科について

神奈川県真鶴町岩定置に揚がったミノカサゴ国内にマツバラカサゴ属、カクレカサゴ属、ヤセアカカサゴ属、クロカサゴ属、シロカサゴ属、ノコギリカサゴ属、ミノカサゴ属、ヒメヤマノカミ属、ハタタテカサゴ属、ハダカオコゼ属、ツノカサゴ属、ボロカサゴ属、オニカサゴ属、ヒオドシ属、マダラフサカサゴ属、ネッタイフサカサゴ属、マダラフサカサゴ属、フサカサゴ属、ハナカサゴ属、フンドウカサゴ属、イソカサゴ属の21属。
食用として重要なものはオニカサゴ属とフサカサゴ属だが、重要度は高くない。

ミノカサゴ属について

国内には4種だが、増えていく可能性大。
ミノカサゴ属
ハナミノカサゴ、ミノカサゴ、キミオコゼ、ネッタイミノカサゴ
背鰭、尻鰭などに棘があり、毒を持つ。危険な魚ではあるが、古くから食用になっていた。
流通の場で見るのはミノカサゴとハナミノカサゴの2種。

ミノカサゴ属に属する仲間一覧


サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト