ミミトゲオニカサゴ(Hairy stingfish)

Scientific Name / Scorpaenopsis possi Randall and Eschmeyer, 2002

代表的な呼び名オニカサゴ

ミミトゲオニカサゴの形態写真

20センチ前後になる。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目フサカサゴ科オニカサゴ属

    外国名

    Hairy stingfish

    学名

    Scorpaenopsis possi Randall and Eschmeyer, 2002

    漢字・学名由来

    漢字 耳棘鬼笠子
    由来・語源 目の後方上部に細かい棘があるため。この細かい棘のある部分を耳にたとえて。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。駿河湾、伊豆諸島三宅島・八丈島、長崎県対馬・五島列島、琉球列島。インド・太平洋域、南アフリカ。

    生態

    基本情報


    ミミトゲオニカサゴのヒレ

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ミミトゲオニカサゴ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ