イズカサゴ(Scorpionfish)

Scientific Name / Scorpaena neglecta Temminck and Schlegel,1843

イズカサゴの形態写真

SL 45cmほどになる。全体に赤く、濃く赤い斑文がある。涙骨の下縁(上唇の直ぐ上)にある刺が3本。胸ビレ下(腋)に皮弁(皮膚が旗状になったもの)がある
イズカサゴの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL 45cmほどになる。全体に赤く、濃く赤い斑文がある。涙骨の下縁(上唇の直ぐ上)にある刺が3本。胸ビレ下(腋)に皮弁(皮膚が旗状になったもの)がある体側や鰭に褐色(赤みがかった)の斑紋が散らばっている。胸鰭つけ根の後ろに皮弁がある。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★

    一般的(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目フサカサゴ科フサカサゴ属
    外国名
    Scorpionfish
    学名
    Scorpaena neglecta Temminck and Schlegel,1843
    漢字・学名由来
    漢字 伊豆笠子、伊豆瘡魚
    由来・語源 相模湾では伊豆半島近くに多いことからだと思われる。
    Temminck
    コンラート・ヤコブ・テミンク Coenraad Jacob Temminck(1778-1858 オランダ) シュレーゲルとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    Schlegel
    ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    地方名・市場名 [?]
    オニカサゴ
    場所相模湾を始め関東周辺 
    オニカラコ
    場所山口県下関市 
    ハツメ
    場所山形県酒田市由良漁港 
    アカオコゼ オコゼ カサゴ
    参考文献より。 
    生息域
    海水魚。水深70〜300メートル。
    千葉県〜九州南岸の太平洋沿岸、山形県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、少ないが青森県、茨城県。東シナ海大陸棚縁辺域、朝鮮半島南岸、済州島、台湾、山東省、東シナ海中国大陸沿岸北部。
    生態
    基本情報
    底曳き網、釣りもの、野締め、活け締め、活魚など入荷状態はいろいろ。
    カサゴ類のなかでも高級なもので、関東では高級。
    水産基本情報
    市場での評価 比較的入荷量の多いカサゴ。やや高値。活魚は非常に高い。
    漁法 底曳き網、釣り
    産地 山口県、長崎県、神奈川県、千葉県、長崎県
    選び方
    目が澄んでいて触って張りのあるもの。赤身の強いもの(退色していないもの)。大きなものの方が味がいい。
    味わい
    旬は秋から冬。
    書簡のよさや透明感は長く保たない。
    鱗は小さく取りやすい。皮は厚みがあり強い。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    煮る(煮つけ、すっぽん煮、鍋)、汁(潮汁、みそ汁)、蒸す(酒蒸し、清蒸)、生食(焼霜造り、刺身、セビチェ、湯引き)、焼く(塩焼き)
    オニカサゴのすっぽん煮
    イズカサゴのすっぽん煮 あらや刺身などにしてときの切り落としなどを集める。これをザルなどに入れて湯通し。このまま冷水に入れて残った鱗、ぬめりを取りながら布巾などの上に置き、余分な水分をとる。これを酒(水の半量)・塩だけの味つけででじっくりと煮る。煮汁とあらなどを皿にとり、ともに楽しむ。イズカサゴのうま味総てを味わえる。

    イズカサゴの煮つけ 上品な白身で新しいと弾力があって煮るとやや硬く締まる傾向にある。これをもう一煮しすると柔らかくふっくらとする。今回は酒、砂糖(洗双糖)、しょうゆの味つけでやや強めの味つけにした。強めの味つけが魚の味わいを損ないというのは間違い。濃いめの味つけで本種の持ち味が引き立つ。酒・塩、酒・みりん・しょうゆ、酒・しょうゆなど味つけはお好みで。

    オニカサゴのちり鍋イズカサゴのちり鍋 あらやかまの部分、腹身を集めて置く。湯引きして冷水に落として残った鱗やぬめりを流し、水分をよくきる。これを昆布だしで煮ながら食べる。あらもそうだが、うま味豊かな出しがでて、野菜がうまい。しょうゆやみそなど余分な味つけは無用だとは思うがお好みで。ポン酢で食べても柑橘類としょうゆで食べてもいい。

    オニカサゴのあら汁イズカサゴの潮汁 大型はあらを集める。小振りは適当に切る。これを湯通しして冷水に落とす。残った鱗やぬめりを流して昆布だし(水でも)で煮だし、酒塩で味つけする。非常にうま味豊かな汁で煮たあらなども美味。

    オニカサゴののみそ汁イズカサゴのみそ汁 大型はあらを集めて置く、小型はぶつ切りに。これを湯通し(省いてもいい)して冷水に落として残った鱗やぬめりをとる。これを水(昆布だしでも)から煮出してみそをとく。あっさりと上品な味わいなのでみそに少しだけ味で負けるがおいしい。
    オニカサゴの焼霜造りイズカサゴの焼霜造り 活魚なら単に刺身にしても弾力があっておいしい。ただ皮目のうま味は身よりも上。三枚に下ろして血合い骨を抜き、皮目をあぶって瞬間冷凍庫であら熱を取る。氷水に落とし、よく水分をきってもいい。肝や胃袋などは湯引きして添えた。身の食感に皮目のうまさ、肝や胃袋などの味で号館絢爛。

    オニカサゴの刺身イズカサゴの刺身 活魚なら刺身がイケル。水洗いして三枚に下ろして血合い骨を抜く。皮を引いてできるだけ薄くそぎ造りにする。肝や皮、胃袋などは湯引きして添える。強い食感のなかにほの甘さがある。わさびじょうゆでもいいし、ポン酢で食べてもいい。ねぎを薬味に食べてもいい。
    オニカサゴのセビチェイズカサゴのセビチェ 異型の魚なので刺身などにすると無駄が出やすい。これを小さく切り、ライムと塩でしめる(マリネー)、紫玉ねぎ、辛い青唐辛子を加えて和えて少し置く。柑橘系の酸味で爽やかな味わい。トマトや豆類、アボカドなどを合わせるといい。スピリッツ(テキーラ)と合う。
    オニカサゴの湯引きイズカサゴの湯引き 小振りのものを三枚に下ろして血合い骨を抜く。適当に切り、塩を加えた湯に通し、氷水に落とす。水分をよく切り、ポン酢などをかけ回す。ここにしょうがの搾り汁を振ってもいいし、酢みそで食べてもいい。
    オニカサゴの塩焼きイズカサゴの塩焼き 小振りのものを水洗いして振り塩。塩が馴染むまで置き、じっくりと焼き上げる。家庭で焼くなら半身した方がいいかも。少し硬く締まりすぎるが白身のよさが楽しめる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品

    イズカサゴの開き干し 塩味だけの開き干し。脂があるのか表面が揚げたように香ばしく焼き上がる。皮も身も総て美味。長崎県産
    釣り情報
    100メートルから160メートルの中深場釣りでの釣り対象魚。一般には天秤仕掛けでサバ切り身、カツオ、イカ餌で釣る。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「イズカサゴ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ