サツマカサゴ(Humpbacked scorpionfish)

Scientific Name / Scorpaenopsis neglecta Heckel,1837

サツマカサゴの形態写真

SL(体長)18cm前後になる。頭部目の後ろから背鰭にかけて盛り上がる。胸鰭内側はつけ根に小さな褐色の斑紋があり、周辺部に褐色の斑紋がある。鼻棘は鋸歯状。
サツマカサゴの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL(体長)18cm前後になる。頭部目の後ろから背鰭にかけて盛り上がる。胸鰭内側はつけ根に小さな褐色の斑紋があり、周辺部に褐色の斑紋がある。鼻棘は鋸歯状。胸鰭内側はつけ根に小さな褐色の斑紋があり、周辺部に褐色の斑紋がある。鼻棘は鋸歯状。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目フサカサゴ科オニカサゴ属
    外国名
    Humpbacked scorpionfish
    学名
    Scorpaenopsis neglecta Heckel,1837
    漢字・学名由来
    漢字 薩摩笠子、薩摩瘡子
    由来・語源 鹿児島県に多いカサゴの意味だと思う。
    「カサゴ」について
    ■ 「瘡魚」、「笠子」。
    由来
    ■ 「瘡(皮膚病)を煩ったようにザラザラカサカサした体表から」。
    ■ 「瘡をわずらったように醜いから」。
    地方名・市場名 [?]
    オコゼ
    場所三重県尾鷲市 
    生息域
    海水魚。水深3-30mの岩礁域。転石帯、砂底。
    千葉県外房〜九州南岸の太平洋沿岸、大阪湾、山口県日本海側、九州北西岸、屋久島、奄美大島、沖縄諸島。
    台湾西部・南部、澎湖諸島、中国・ベトナムの南シナ海沿岸、フィリピン諸島、タイランド湾、インドネシア(アンボン、バリ)、オーストラリア西岸、スリランカ、インド南東岸。
    生態
    ■ 比較的穏やかな湾内の浅い岩礁地帯に棲息。
    ■ 背ビレには毒があるとされていて、漁師さんなどが刺されると痛みが長く続くのだという。
    基本情報
    浅場にいる小型で棘の多いカサゴ。個体数が少ないためか、まとまって揚がることは少ない上に小さいために食用魚としての価値は低い。ある意味、安くておいしい魚なので、見つけたら買い、そんな魚かも。
    水産基本情報
    市場での評価/稀に入荷するが一定の評価はない。
    漁法/刺し網、定置網
    産地/
    選び方
    模様などはっきりしているもの。張りのあるもの。
    味わい
    旬は不明。
    棘が多く強いために扱いにくい。背鰭などに刺されると痛む。鱗は細かく取りやすい。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身で熱を通すとやや締まる。
    サツマカサゴの料理の方向性
    基本的に液体を使った煮つけ、汁ものなどの料理法に向く。この煮る、汁の味わいだけでも、本種の価値は高いと思う。
    焼くと締まり固くなる。刺身などの歩留まりは著しく悪い。唐揚げなどは骨が硬いので可食部分が少ないので向かない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    サツマカサゴの料理法/煮る(煮つけ)、汁(潮汁、みそ汁)、焼く(干もの)、揚げる(唐揚げ)
    サツマカサゴの煮つけ
    サツマカサゴの煮つけ 水洗いして、水分をよくきる。湯通しして冷水に落とし、残った鱗やぬめりを流す。これを酒・塩、酒、うすくちしょうゆ(濃い口しょうゆ)、酒・みりん・しょうゆで煮る。こってりした味つけは向かない。上質の白身で甘味が感じられて身離れがいい。
    サツマカサゴの干ものサツマカサゴの干もの 水洗いして開いて塩をして少し寝かせる。これを半日ほど干し上げたもの。上質の白身で焼くと少し締まるが美味。塩焼きより少し干した方がいいかも。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/魚國(神奈川県小田原市)
    論文『日本産フサカサゴ科オニカサゴ属魚類の分類学的検討』(本村浩之、吉野哲夫、高村直人 魚類学雑誌)、『日本近海産 魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「サツマカサゴ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ