このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「オニカサゴ」はこちら >>
体高は低く、胸鰭の裏側は上半分に斑紋がある。
フサカサゴ科の基本◆熱帯、温帯海域に生息。400種弱が知られている。頭部には複雑な棘や、骨板が発達する。鰭の棘は鋭く硬い。
食用になる種は多く、代表的なのはカサゴ、キチジ、メバルなど。

硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
カサゴ目カサゴ亜目
フサカサゴ科フサカサゴ亜科オニカサゴ属
オニカサゴ
Scorpaenopsis cirrhosa (Thunberg)
他のフサカサゴ科の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★★ 知っていたら通人級
食べ方◆鍋/ブイヤベース/アクアパッツァ/
潮汁/煮つけ/刺身/塩焼き、その他

◎非常に美味
大きさ◆■25センチ前後になる
生息域◆琉球列島を除く南日本。
生態◆
浅い岩礁域に生息する。
小魚や甲殻類を捕食。
市場での評価・取り扱われ方◆西日本から少ないながらも入荷してくる。値段はやや高値。
オニカサゴの基本◆
■現在分類整理が進んでいる模様。
■相模湾深場の「オニカサゴ」はイズカサゴであって、本種ではない。
漁獲方法◆釣り
漢字◆
「鬼瘡魚」、「鬼笠子」。
由来◆神奈川県三崎での呼び名。面構えが鬼のようであるから。
「カサゴ」について
漢字◆

「瘡魚」、「笠子」。
由来◆
「瘡(皮膚病)を煩ったようにザラザラカサカサした体表から」。
「瘡をわずらったように醜いから」。
呼び名・方言◆
「キジンバチメ」、「オキガシラ」
「アカクジラツ」、「ガシラ」「オニガシラ」、「ホゴ」。
●注/他のオニカサゴ属との混同が疑われる。
釣り◆■浅い場所での五目釣りなどに混ざる。
◆食べてみる◆
 棘に注意して取り扱うこと。
 いちばん旨いのは汁気のある料理。刺身などにすると歩留まりが悪いので、もし刺身にしてもアラを生かして潮汁などにする。汁ものでもっとも旨いのは鍋やブイヤベース。非常に濃厚な出汁がとれる。
 刺身は透明感のある白身で薄造りにするに限る。また皮が硬いのが難点だが霜皮造りもいける。
 塩焼き、煮つけも美味。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
参考/『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『魚』(1940 田中茂穂 創元社)
■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ

サイト内検索

目次