アミモンガラ(Ocean triggerfish)

Scientific Name / Canthidermis maculata (Bloch, 1786)

アミモンガラの形態写真

体長40センチ前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系フグ目モンガラカワハギ亜目モンガラカワハギ科アミモンガラ属
    外国名
    Ocean triggerfish
    学名
    Canthidermis maculata (Bloch, 1786)
    漢字・学名由来
    漢字 網紋殻
    由来・語源 網模様のあるモンガラカワハギの意。田中茂穂の命名。
    Bloch
    Marcus Élieser Bloch(マルクス・エリエゼル・ブロッホ 1723-1799 ドイツ)。医師、博物学者。ヨハン・ゴットロープ・テアエヌス・シュナイダー(Johann Gottlob Theaenus Schneider)とともに『110の画像付分類魚類学』を刊行。
    地方名・市場名 [?]
    カワハギ
    場所関東 
    サメハダモンガラ
    備考別名。 
    カタカワリ ギマ コゴモリ コトト ジュウタハゲ ツノギ ハゲ プンプンハゲ マツバイ
    参考文献より。 
    生息域
    海水魚。北海道南部以南、全世界の温帯域、熱帯域。
    沖合の表層を流れ藻などと回遊している。ときどき大量に岸に近づき、定置網、巻き網などに入る。
    生態
    基本情報
    市場にはとつぜん大量に入荷してくる。多くは頭を切り落とし、皮を剥いた状態でくる。
    関東では千葉県銚子市などからくるが、正体不明の魚といった認識である。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「アミモンガラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ