メガネハギ(Masked triggerfish 韁紋多棘鱗魨 、假面砲彈、黃紋板機魨、剝皮竹(臺東)、包仔(澎湖)、狄(澎湖) )

Scientific Name / Sufflamen fraenatum (Latreille, 1804)

メガネハギの形態写真

体長33cm前後になる。鰓孔後方の鱗は骨質で大きい。眼の前方に溝がある。頭部に横縞はない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目モンガラカワハギ亜目モンガラカワハギ科メガネハギ属
    外国名
    Masked triggerfish 韁紋多棘鱗魨 、假面砲彈、黃紋板機魨、剝皮竹(臺東)、包仔(澎湖)、狄(澎湖)
    学名
    Sufflamen fraenatum (Latreille, 1804)
    漢字・学名由来
    漢字/眼鏡剥 Meganehagi
    由来・語源/非常に古い和名だが由来などは不明。口元からメガネのツル状の筋があるためか? 1955年代はメガネクロハギも「メガネハギ」という和名であった。
    地方名・市場名 [?]
    クパ
    場所東京都小笠原 参考『伊豆・小笠原諸島の魚たち 改訂2版』(東京都水産試験場 2004) 
    フクルビ
    場所沖縄県南城市知念漁協 参考『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012) 
    生息域
    海水魚。50mよりも浅い岩礁域、サンゴ礁域。
    伊豆諸島、小笠原諸島、琉球列島。鹿児島県〜琉球列島。希に山口県日本海沿岸。
    幼魚/千葉県館山〜九州南岸の太平洋沿岸。
    済州島、台湾南部、膨湖諸島、海南島、西沙諸島、インド-太平洋(イースター島を除く)。
    生態
    基本情報
    釣り、定置網などで上がる魚だが、量的に少なく一般的な食用魚とはいえない。
    沖縄県では、ムスメハギなど小型のモンガラカワハギ類と一緒になって区別されないで流通する。
    味のいい魚で、多様な料理になる。
    水産基本情報
    市場での評価/関東では一度も見ていない。安いと思う。
    漁法/釣り、定置網
    産地/鹿児島県、東京都
    選び方
    鮮度はわかりにくい。触って張りのあるもの。退色していないもの。
    味わい
    旬は秋〜冬だと思う。
    鱗と皮は一体化していて、非常に硬くがんじょう。非常にはぎ取りにくい。骨はあまり硬くない。
    赤みがかった白身で熱を通すと強く縮む。古くなると臭いが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    メガネハギの料理法・調理法・食べ方/生食(刺身)、煮る(煮つけ)、汁(みそ汁)、ソテー(バター焼き)
    メガネハギの刺身
    メガネハギの刺身 赤みがかった身色をしているものと、カワハギに似た身色のものがある。身はしまっていて食感がいい。カワハギに似た味わいで、ほんのり甘味とうま味がある。刺身はかなり美味だと思う。鮮度がよく取り扱いさえよければ見た目も味ももっとよくなると思う。

    メガネハギの煮つけメガネハギの煮つけ 水洗いして湯通しする。冷水に落として表面のぬめりを流す。皮をはぐと上質な白身ではあるが、夏の固体は煮ると硬く締まる。生では味があるが、煮ると硬く締まり、ややうま味に欠ける。
    メガネハギのみそ汁メガネハギのみそ汁 刺身などにした残りの、頭部や切り落とした腹骨などを集めて置く。湯通しして冷水に落として表面のぬめりなどを流す。水分をよくきり水から煮出してみそを溶く。夏の固体は付着した身は硬く締まり淡泊だが、汁には豊かなうま味が感じられる。
    メガネハギのバター焼き 水洗いして水分をよく拭き取る。塩コショウして多めの油でじっくり香ばしくソテーする。出来上がりにマーガリン(バターでも)で風味づけする。初冬の固体は身に脂があり、ソテーしても硬く締まらずとてもおいしい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市) マルコウ水産(東京都八王子市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、台湾魚類資料庫
  • 主食材として「メガネハギ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ