スズメダイ(Puller, Surgeant-major, Damsel)

Scientific Name / Chromis notatus notatus(Temminck and Schlegel)

スズメダイの形態写真

SL 10cm前後。側扁する(左右に平たい)。くすんだ色合いで黒っぽく見える。鱗が大きい。生きているときや鮮度のいいときには背鰭の後ろの白い小さな斑紋が光って見える

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目スズメダイ科スズメダイ亜科スズメダイ属
    外国名
    Puller, Surgeant-major, Damsel
    学名
    Chromis notatus notatus(Temminck and Schlegel)
    漢字・学名由来
    漢字 雀鯛
    由来・語源 小さいこと、やや茶色がかること、小さな丸い目などがスズメに似ているから。
    Temminck
    コンラート・ヤコブ・テミンク Coenraad Jacob Temminck(1778-1858 オランダ) シュレーゲルとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    Schlegel
    ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
    地方名・市場名 [?]
    アブッテカモ
    備考「あぶって食べれば鴨の味がする」ため。 場所博多(福岡県福岡市) 
    オセンゴロシ[お仙殺し]
    備考紀州の足代浦(あしろうら)の漁民言うに「お仙という女性がこの魚を食べて、喉に骨が刺さり、腫れて死んだ。この魚の骨がそれほどに硬いからだ」。このとき、おせんが食べたのは煮つけではないだろうか?。 場所紀州の足代浦(あしろうら)の漁民 
    カジキリ
    備考これは初夏の海で舵(かじ)を回すのに困るほどとれたため。 場所長崎県対馬、博多(福岡県福岡市) 
    ハヤデ ハヤゼ
    場所山口県長門、仙崎、萩 
    ボタツ
    場所長崎県壱岐 
    ヤハゲ
    場所愛媛県宇和島市遊子 
    アカビキ アタンボ アブッテカモ アブラウオ オセンコロシ オセンゴロシ カゲキリ カサギリ カザキリ カンモウ ガンモウ クロイオ ゲンゴロ ゲンチョ ゴンゴロウ シカ シカグワ スミヤキ ツバメマツタイ ツバメマツダイ ナガー ナベコサゲ ナベトリ ネコノヘド ヒカアグヮ ヒチ ヒチグチ ヒチグワ ボタツ モモセ ヤエダ ヤジロウハカマ ヤタイオ ヤタハゲ ヤタボ ヤハゲ ヤハチ ヤハン ヤハンドウ
    参考文献より。 
    生息域
    海水魚。
    青森県〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、瀬戸内海、屋久島、琉球列島。
    生態
    スズメダイ科でもっとも低水温でも生きられる。日本海で越冬できる唯一の種。
    産卵期は夏。
    雄は岩場のくぼみなどに産卵場を確保し、きれいに清掃し、雌に産卵させる。
    孵化するまで卵を保護する。
    動物性プランクトンを食べている。
    基本情報
    スズメダイの仲間は食用としてよりも観賞魚として重要。
    食用とする地域が限られている。
    ただし美味であるため、知る人ぞ知るといったものだろう。
    国内では福岡県の干物「あぶってかも」、大阪などでの韓国料理の素材として使われている。
    水産基本情報
    市場での評価 関東などでは食用魚としてはまったく認知されていない。取引されているのは大阪府、福岡県くらいだと思われる。福岡県では走りの時期は高級魚である。
    漁法 定置網
    主な産地
    選び方
    触って張りのあるもの、硬いものがいい。
    味わい
    旬は春から初夏
    焼いて食べるのが一般的。
    非常に脂が強く、濃厚な旨味を持っている。
    韓国料理では背ごし(鱗、内蔵、鰭などを取り除いて横方向に薄く骨ごと切る)にする。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    煮つけ、塩漬け、干物、背ごし、刺身、唐揚げ
    スズメダイの煮つけ煮つけ
    小振りの魚なのに旨みがある。白身で、しかもしっとりとしてほどよく繊維質だが、小骨が強いのが残念。おせんが死んだのも、この小骨のためか。
    あぶってかもあぶってかも
    スズメダイの背ごし背ごし
    背ごしに韓国酢みそ。
    スズメダイの料理
    好んで食べる地域・名物料理
    福岡県、大阪府。
    背ごし 大阪府では韓国系の人々が好んでスズメダイの背ごしを食べるという。荷受け(大卸)などでは入荷が少ないので、産地を探していた時期もあったという。
    加工品・名産品
    あぶってかも 福岡県福岡市周辺。明治の終わり頃、潮の加減から筑前海(福岡市から宗像郡の前海)にスズメダイの大群が押し寄せた。船の進路が妨げられるくらいに群れていたスズメダイをすくい取り、始末に困ったので、とりあえず塩をしておいた。これを食べたところ、脂があってうまかったために「あぶってかも」という。また、焼くと鴨の味がするので、「あぶって鴨」の意味だとも言う。昭和25年前後から福岡の名物と認識された。古くは八百屋で売られていたとも。現在でも福岡県下でスーパーなどで見かけることがある。
    釣り情報
    防波堤(波止)などでの釣りでは代表的なもの。アミ、オキアミ、アオイソメなどをエサにして延べ竿でウキ釣り。
    メジナ、ウミタナゴ釣りなどの外道でもある。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/橋本歩(愛媛県八幡浜市)
    『さかな異名抄』(内田恵太郎 朝日文庫)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『魚の分類の図鑑』(上野輝彌・坂本一男 東海大学出版局)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「スズメダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ