ダンダラスズメダイ(Honey-head damsel )

Scientific Name / Dischistodus prosopotaenia (Bleeker, 1852)

ダンダラスズメダイの形態写真

SL 15cm前後。 体側背部に暗色斑がある。歯は前方で2列。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目スズメダイ科ソラスズメダイ亜科ダンダラスズメダイ属
    外国名
    Honey-head damsel
    学名
    Dischistodus prosopotaenia (Bleeker, 1852)
    漢字・学名由来
    漢字/段だら雀鯛
    由来・語源/「段だら」とは違う色がやや規則的に並んでいること。体側の模様から。
    Bleeker
    Pieter Bleeker(ピーター・ブリーカー 1819-1878 オランダ)。医師、魚類学者。『東インドオランダ領の魚類図鑑』(Atlas Ichtyologique des Indes Orientales Netherlandaises 1862-1878)。軍医としてバタビア(現インドネシアジャカルタ)に赴任。インド洋、西太平洋の魚を採取。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。水産0.5-12mのサンゴ礁域。
    琉球列島。
    台湾南部、東沙諸島、東インド-西太平洋(アンダマン海以東)
    生態
    基本情報
    沖縄でもめったにとれない種で食用以前かも。スズメダイでは大型になるので量さえ揚がれば人気が出そう。
    水産基本情報
    市場での評価/流通しない。
    選び方
    触って張りのあるもの。模様がくっきりしているもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は硬く取りにくい。皮は厚みがあって強い。骨はあまり硬くない。
    白濁した白身で脂が筋肉に混在している。熱を通しても硬く締まる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ダンダラスズメの料理法・調理法・食べ方/生食(刺身)、揚げる(唐揚げ)、煮る(煮つけ)、焼く(塩焼き)

    ダンダラスズメの刺身 熱帯系の魚なのに脂があるところはオヤビッチャ属に近い気がする。身に脂が混在して白濁していて、舌に触れると甘味がある。魚らしいうま味も豊かでとてもおいしい。

    ダンダラスズメの唐揚げ 熱を通すと硬く締まるので油、もしくは液体を使った料理法がいいようだ。水洗いして水分をよくきり、片栗粉をまぶしてじっくりと二度揚げにする。丸ごと食べるのは難しいが味はいい。熱帯でのように素揚げの方がよかったかも。
    ダンダラスズメの煮つけ 水洗いして、湯通しして冷水に落とす。残った鱗やぬめりを流して、水分をよくきっておく。これを酒・しょうゆで煮つける。砂糖やみりんで甘味を加えてもおいしい。液体を使った料理なので身痩せせず、身離れがよく美味。
    ダンダラスズメの塩焼き 水洗いして振り塩をして1時間以上寝かせてじっくりと焼き上げたもの。焼くと硬く締まり、身痩せ為る。身離れも悪くなり、味自体は無難だが、おいしいとは言えない。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ダンダラスズメダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ