アオハタ

アオハタの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
SL 42cm前後になる。ハタ科としては小型種。ずんぐりして、あまり側扁しない(左右に平たくない)。鰭の外縁が黄色く、体に黄色い斑紋が散らばる。うっすらと緑褐色の横帯が身体にあるが大きくなると薄くなる。[全長45.5cm]SL 42cm前後になる。ハタ科としては小型種。ずんぐりして、あまり側扁しない(左右に平たくない)。鰭の外縁が黄色く、体に黄色い斑紋が散らばる。うっすらと緑褐色の横帯が身体にあるが大きくなると薄くなる。[全長19cm]SL 42cm前後になる。ハタ科としては小型種。ずんぐりして、あまり側扁しない(左右に平たくない)。鰭の外縁が黄色く、体に黄色い斑紋が散らばる。うっすらと緑褐色の横帯が身体にあるが大きくなると薄くなる。

アオハタの形態写真

SL 42cm前後になる。ハタ科としては小型種。ずんぐりして、あまり側扁しない(左右に平たくない)。鰭の外縁が黄色く、体に黄色い斑紋が散らばる。うっすらと緑褐色の横帯が身体にあるが大きくなると薄くなる。[全長45.5cm]

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科ハタ亜科ハタ族マハタ属
外国名
Yellow grouper, Banded grouper 青石斑魚、黃丁斑、石斑、過魚、中溝、白馬罔仔
学名
Epinephelus awoara (Temminck and Schlegel, 1842)
漢字・学名由来
漢字 青羽太、青鰭 Aohata
由来 色合いからだろうが、青くない。命名者は不明。
Temminck
コンラート・ヤコブ・テミンク Coenraad Jacob Temminck(1778-1858 オランダ) シュレーゲルとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
Schlegel
ヘルマン・シュレーゲル(Hermann Schlegel 1804-1884年)はドイツの動物学者。テミングとともにシーボルトの持ち帰った脊椎動物を整理、記載。『Fauna Japonica』(日本動物誌)を執筆。
地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に表示しました。クリックでジャンプします。

概要 ▽

生息域

海水魚。沿岸の水深3-50mの岩礁域、砂泥底。
山形県〜山口県の日本海沿岸、長崎県佐世保、[陸奥湾佐井村]、相模湾〜宿毛湾、屋久島。
瀬戸内海・愛媛県内海の太平洋沿岸には希。
朝鮮半島南岸、済州島、台湾、浙江省〜広東省の中国沿岸、西沙諸島、南沙諸島、フィリピン諸島。

生態

産卵期は夏。
浅い岩礁域に生息。

基本情報

小型のハタで比較的北にも生息するもの。日本海でまとまって揚がることも多い。
最近増えているのか関東の市場でもいたって普通に見かける。
鰭などが黄色みを帯びているので、「黄羽太」、「黄かな」などと呼び。
アオハタという標準和名はあまり馴染みがない。
ハタ類としては比較的安いが、それでも都会では小売店での取り扱いはあまりない。

水産基本情報

市場での評価 小型のハタ類でもっとも入荷量の多い種のひとつ。ハタ類の中では比較的手頃。漁法 釣り、定置網
産地(漁獲量の多い順) 長崎県、大分、山陰、若狭、北陸など

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って柔らかいものはダメ。鰓が鮮紅色のもの。活け締め、できれば活魚がいい。

味わい

旬は秋から初夏まで
小型のハタで鮮度落ちは早いほう。最低でも活け締め、活魚の方が質がいい。
鱗は細かく取りにくい。皮は厚くしっかりしている。骨はあまり硬くない。
透明感のある白身で鮮度がよくてもあまり硬くはない。熱を通すとやや硬く締まる。身離れはいい。
あらなどから実にいいだしが出る。
料理の方向性
筋繊維が強いので、水を使って熱を通す料理に向いている。蒸す、煮るで、蒸し物にすると筋繊維が高温で破壊されて柔らかく仕上がる。煮るときも軽く火を通すのではなく、しっかり時間をかけて通すべきだ。
焼く(単に熱を加える)、ソテー・揚げる(油をかいして熱を加える)と硬くしまる。
刺身はそれなりにうまい。

栄養

寄生虫


ヒジキムシヒジキムシ 節足動物門甲殻綱カイアシ亜綱のヒジキムシがつく。魚の体液などを餌にするもので人間にはまったく害がない。ただし魚はやせ、脂がなくなり、味にも影響する。

食べ方・料理法・作り方(お勧め順)

アオハタの料理法・調理法・食べ方/煮る(煮つけ)、汁(みそ汁、潮汁、鍋)、生食(刺身、セビチェ)、揚げる(唐揚げ)、焼く(塩焼き)

アオハタの蒸し魚 中華の世界の料理である。本来は鹹水魚から始まった料理だが、今はハタ類を使うことが多い。また白身魚ならなんでも利用でき、簡単でおいしい料理だ。水洗いしてていねいに鱗を取る。皿に割り箸などを敷き、魚を浮かして魚の上にねぎ、ショウガなどをのせてだいたい15分前後むす。蒸し上がりにタレ(醤油・魚醬・紹興酒を合わせたもの)を加え、少し蒸し取り出す。タレは蒸し上がってからかけてもいい。ネギなどを乗せて上から煙がでるほど熱した油をかける。非常にご飯に合う。

アオハタの煮つけ 頭部や中骨などに味のある魚である。頭部、あらなどを湯通しして、冷水に落として鱗などをこそげ落とす。水分をよく切り、水、酒、砂糖、しょうゆで煮る。厚みのある皮がゼラチン質になり甘みがある。身は適度にしまり身離れもいい。
アオハタの鍋アオハタの鍋 アオハタの中骨などを集めて、湯通しする。冷水に落として鱗やぬめりなどを落としてよく水切りをする。これを昆布だしで煮ながら食べる。厚みのある皮はゼラチン質で甘く、うま味が強い。野菜はお好みで。
アオハタのみそ汁アオハタのみそ汁 あらを湯通しして冷水に落として鱗やぬめりなどを落とす。よく水切りをして水から煮てみそを溶く。うま味は強いわりに後味のいい汁になる。みそを使うことでご飯に合う。
アオハタの刺身アオハタの刺身 鮮度がいいとやや硬い。上身にして晒しやペーパータオルなどにくるみ寝かせるといい。ここでは締めた当日にできるだけ薄く造ったもの。胃袋はゆでると独特の食感が楽しめ味もいい。肝もゆでて添えると味が深い。身に甘みがあっていい味である。
アオハタのセビチェアオハタのセビチェ 身割れしやすいので、セビチェのように細かく切って作る料理が無駄がなく向いている。皮を引いて細かく切り、塩、ライムで締める。少し置き、青唐辛子、紫玉ねぎ、黒トマトと和えた。テキーラなどが合う。
アオハタの唐揚げアオハタの唐揚げ 胸鰭周辺や頭部などに片栗粉をまぶして、じっくりと二度揚げする。鰭も皮も香ばしく、身は鶏肉のようにしまっていて甘味がある。太い骨以外はすべてが食べ尽くすことが出来る。
アオハタの塩焼きアオハタの塩焼き 小振りのアオハタは水洗いして振り塩をして半日ほど寝かせる。これをじっくりと焼き上げる。皮はぱりっとして香ばしくて身に甘みがある。やや淡泊に過ぎるのでオリーブオイルやバルサミコ酢などを使うとよりおいしくなる。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

加工品はほとんどない

釣り情報

歴史・ことわざなど

地方名・市場名

キアラ
場所山口県萩 
アオアラ
場所福岡県 参考荷 
アオナ
場所福岡県福岡市 備考長浜鮮魚市場 
キアコウ シブクメ
場所熊本県熊本市市場、上天草市大矢野町 
キカナ[黄かな]
場所島根県松江 
キナメラ
場所石川県金沢市金沢中央市場 
キハタ
場所京都府舞鶴市舞鶴魚市場、山口県萩 
マス
場所三重県尾鷲市 

参考文献

『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

通常(和名)検索
方言・呼び名検索
閉じる

Copyright©2019 Bouz-Konnyaku All Rights Reserved.