ワモンダコ(Big blue octopus)

Scientific Name / Octopus cyanea Gray

代表的な呼び名シマダコ

ワモンダコの形態写真

体長1メートル前後になる。体に筋状の汚れたような斑紋がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    動物界軟体動物門頭足綱八腕目無触毛亜目マダコ超科マダコ科マダコ属
    外国名
    Big blue octopus
    学名
    Octopus cyanea Gray
    漢字・学名由来
    漢字 輪紋鮹、輪紋蛸
    由来・語源 瀧巌の命名。体にある斑紋から。
    地方名・市場名 [?]
    タク
    場所沖縄 
    生息域
    海水生。八丈島、四国以南。インド・西太平洋域。
    サンゴ礁域。
    生態
    基本情報
    奄美大島、沖縄では単に「たく(タコ)」。
    地元でまとまってとれ普通に流通する。
    味のいいタコで人気もある。
    水産基本情報
    市場での評価 奄美大島、沖縄では一般的なタコ。やや高値。
    漁法
    産地 沖縄県
    選び方
    体色のあせていないもの。張りがあり触ると反応があるもの。
    味わい
    旬は不明。
    ヌメリはほどほど。
    ゆですぎるとやや硬くなる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 ゆでる
    ゆでる◆マダコ同様にゆでて食べるのが基本。香りが高く、非常に美味。


    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)
  • 主食材として「ワモンダコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ