マツバダコ

Scientific Name / Octopus sasakii Taki, 1942

代表的な呼び名コイボダコ

マツバダコの形態写真

全長20cm前後になる。外套膜背面から頭部にイボが散在する。テナガダコに似ているが足はやや短い。
マツバダコの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
全長20cm前後になる。外套膜背面から頭部にイボが散在する。テナガダコに似ているが足はやや短い。全長20cm前後になる。外套膜背面から頭部にイボが散在する。テナガダコに似ているが足はやや短い。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    分類
    動物界軟体動物門頭足綱八腕形目無触毛亜目マダコ超科マダコ科マダコ属
    外国名
    学名
    Octopus sasakii Taki, 1942
    漢字・学名由来
    漢字/松葉鮹
    由来・語源/瀧巌の命名。瀧巌は愛媛県三津魚市場に水揚げされた標本をもとに記載。小種名は佐々木希に献名。
    瀧巌
    瀧巌、愛媛県生まれ。軟体類・貝類学者。瀧庸は兄。
    佐々木望
    Sasaki (まどか/明治16年〜昭和2年 1883年〜1927年)。動物学者。軟体類とくに頭足類の分野に貢献。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。
    相模湾〜瀬戸内海、九州近海。
    生態
    基本情報
    愛媛県などで食用となっているとのことだが、確認していない。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本のタコ学』(奥谷喬司 東海大学出版局 2013)
  • 主食材として「マツバダコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ