シマダコ

Scientific Name / Callistoctopus ornatus (Gould, 1852)

シマダコの形態写真

TL 90cm前後。頭部は卵状で足が非常に長い。生きている時には褐色に筋状につらなる白い斑紋がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    動物界軟体動物門頭足綱八腕形目無触毛亜目マダコ超科マダコ科Callistoctopus属
    外国名
    学名
    Callistoctopus ornatus (Gould, 1852)
    漢字・学名由来
    漢字/縞蛸、縞鮹、縞章魚

    縞章魚の由来・語源 生きているとき、鮮度がいいときに同の部分(頭に見える部分)に白い縦縞があるため。
    地方名・市場名 [?]
    アカダコ サリダコ テナガダコ
    場所沖縄県石垣市 
    シガヤー シガヤ
    備考「しがや」は「しがみつくこと」。よく貝殻などにしがみついているためらしい。ウデナガカクレダコも「シガヤー」と呼ばれている。 場所沖縄県沖縄市・うるま市・名護市 
    生息域
    海水生。沿岸・サンゴ礁域。
    小笠原諸島、西南諸島。
    生態
    基本情報
    沖縄県では主要な食用ダコのひとつ。沖縄ではワモンダコ、サメハダテナガダコと本種の3種類が重要。同じ「シガヤー」でもウデナガカクレダコも食用としているがあまり流通しない。沖縄本島でも石垣島でもタコ類の中でも高価。
    水産基本情報
    市場での評価/沖縄県では比較的市場でよく見かけるもの。高い。
    漁法/
    産地/沖縄県
    選び方
    触って張りのあるもの。粘液などがべとつかないもの。鮮度がよくても退色して白いものがある。
    味わい
    旬は寒い時季。年間を通してあまり味がかわらないが、漁の盛期も寒い時季だ。
    ぬめりは少なく生の状態で柔らかい。
    ゆででも硬く締まらない。
    シマダコの料理の方向性
    タコらしい風味は同じく沖縄のワモンダコなどの方が上だが、ゆでても硬くならず微かに甘味がある。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    シマダコの料理法/ゆでる(そのまま、揚げる、ソテーする、煮る)

    シマダコの塩ゆで
    シマダコの塩ゆで あらかじめぬめりを取るなどは不要。傘幕を切り、塩を加えた湯で3分くらいゆで、陸上げをした(冷水に落とさず、そのまま放冷する)。ゆでても硬く締まらず、食べやすい。タコらしい風味は強くないが甘味がある。

    シマダコのゆでダコ 頭部と足(腕)の部分を食べやすい大きさに切る。これをわさびじょうゆで食べる。酢みそで食べてもいいし、ドレッシングをかけて食べてもいい。
    シマダコの天ぷら ゆでてから水分を含んだ皮に切れ目を切る。水分をよくきり、小麦粉をまぶして、衣をつけて強火で揚げる。揚げることで甘味、うま味が強まり、適度に身が締まり美味。
    シマダコのアヒージョシマダコのアヒージョ にんにく風味のオリーブオイルで煮るという料理。器(調理の器)にオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れる。ここにゆでたタコを入れて強火で煮る。タコもうまいが煮たオイルもうまい。
    シマダコの中華炒めシマダコの中華炒め 今回は沖縄のオオバコとともに炒めた。中華鍋などに太白ごま油、つぶしたにんにく、鷹の爪、しょうがのみじん切りで香りづけする。ここでタコ、オオバコを強火で炒め、紹興酒、五香粉(コショウだけでも)、コショウ、塩で味つけする。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/新立鮮魚(沖縄県うるま市)、河村雄太さん(沖縄県石垣市)
    『日本近海産貝類図鑑 第三版』(奥谷喬司編著 東海大学出版局 20170130)
  • 主食材として「シマダコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ