サメハダテナガダコ(Long-armed octopus)

Scientific Name / Callistoctopus luteus (Sasaki, 1929)

サメハダテナガダコの形態写真

全長70センチ前後。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度


    分類

    動物界軟体動物門頭足綱八腕目無触毛亜目マダコ超科マダコ科マダコ属

    外国名

    Long-armed octopus

    学名

    Callistoctopus luteus (Sasaki, 1929)

    漢字・学名由来

    漢字 鮫肌手長鮹、鮫肌手長蛸
    由来・語源 手(足)が長く、表面に突起が多くありサメの肌を思わせるタコであるから。

    地方名・市場名

    シガャー ウンヅゥ シゲ
    場所沖縄本島 

    生息域

    海水生。浅い砂地。
    本州太平洋側、長崎県、鹿児島県、琉球列島。

    生態

    基本情報

    熱帯域では食用になっている。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/伊東正英さん(鹿児島県南さつま市笠沙)
    『日本のタコ学』(奥谷喬司 東海大学出版局 2013)
  • 主食材として「サメハダテナガダコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ