イイダコモドキ

Scientific Name / Amphioctopus ovulum (Sasaki, 1917)

イイダコモドキの形態写真

全長20cm前後。腕は長さにばらつきがあり、細い。体がイイダコよりも軟らかく全体に滑らか。外套膜には小顆粒が見られる。第2と第3腕の間の膜の上に輪紋がある。イイダコの輪紋は金色だが本種は黒地に青い輪だ。
イイダコモドキの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
全長20cm前後。腕は長さにばらつきがあり、細い。体がイイダコよりも軟らかく全体に滑らか。外套膜には小顆粒が見られる。第2と第3腕の間の膜の上に輪紋がある。イイダコの輪紋は金色だが本種は黒地に青い輪だ。第2と第3腕の間の膜の上に輪紋がある。イイダコの輪紋は金色だが本種は黒地に青い輪だ。眼上棘(突起)は目立つ。外套膜は卵形で小さな顆粒がある。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    動物界軟体動物門頭足綱八腕目無触毛亜目マダコ科Amphioctopus属

    外国名

    学名

    Amphioctopus ovulum (Sasaki, 1917)

    漢字・学名由来

    漢字/飯蛸擬
    由来・語源/イイダコと同じように輪紋があるが別種という意味。輪紋を持っているが頭部ではなく腕の膜にある。

    地方名・市場名

    Octopus ovulum (Sasaki 1917)
    備考シノニム 

    生息域

    海水生。浅い海底。
    関東以西の太平洋沿岸、九州沿岸。

    生態

    基本情報

    やや温かい海域の浅場にいる小型のタコで、底曳き網などのなかで数個体見つけることはあっても食用となるかなどは不明だったもの。
    鹿児島県では希に流通する模様。たぶん種はわからないまま「小型のタコ」として取り扱われているのではないかと思う。

    水産基本情報

    市場での評価/まだ見ていない。
    漁法/底曳き網
    産地/鹿児島県

    選び方

    触って張りがあり、粘液が出ていないもの。

    味わい

    旬は不明。
    イイダコよりも全体に軟らかく、表面がなめらかで粘液などはほとんどない。
    熱を通すと縮むが硬くはならない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    煮る(桜煮)、ソテー(オリーブオイル焼き)、ゆでる(塩ゆで)
    イイダコモドキの煮だこイイダコモドキの桜煮 軽く水洗いして外套膜をめくり内臓、墨を出す。これを酒、砂糖、しょうゆの味つけで煮たもの。煮ても硬く締まらないが縮んでしまうので煮加減が難しい。軟らかく、タコ本来の味も感じられて美味。
    イイダコモドキのオリーブオイル焼きイイダコモドキのオリーブオイル焼き 生のイイダコモドキの外套膜をめくり内臓、墨を取る。ざっとあらって適宜に切り、オリーブオイルでソテーする。ここではマッシュルーム、ベルエシャロットとともにソテー。にんにく、タカノツメをきかせている。
    イイダコモドキの塩ゆでイイダコモドキの塩ゆで 軽く水洗いして外套膜をめくり、内臓と墨を取る。外套膜をもとにもどして塩ゆでする。ゆですぎないように注意して、岡上げ(そのまま放冷する)にする。イイダコよりも軟らかい上にタコの風味と味がしておいしい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
  • 主食材として「イイダコモドキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ