ミゾエビジャコ

Scientific Name / Crangon dalli Rathbun, 1902

ミゾエビジャコの形態写真

隊長70ミリ前後になる。新潟県能生町産。
ミゾエビジャコの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
隊長70ミリ前後になる。新潟県能生町産。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度


    分類

    外国名

    学名

    Crangon dalli Rathbun, 1902

    漢字・学名由来

    漢字 溝蝦雑魚

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。北海道〜岩手県、福島県。オホーツク海、日本海。ベーリング海。
    水深168〜331メートル。

    生態

    基本情報

    写真のものは新潟県上越市の片岡鮮魚店から送られたクロザコエビに混ざっていたもの。本種が一般的に利用されているのかなどまったく不明。
    ミゾエビジャコの第6節第6節にくっきりとした溝がある。福島県相馬市原釜

    水産基本情報

    市場での評価 市場に入荷することはない。
    また食用として利用されているか不明

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります●同定は千葉県立中央博物館の駒井先生にお願いしたが、エビジャコの仲間は顕微鏡的な微細な検索が必要であるとのこと。本種に関しては第6腹節に明瞭な2本の隆走突起が見えることで写真のみの同定をいただいた。ただし確定的ではない

    参考文献・協力

    同定者/駒井智幸(千葉県立中央博物館)
  • 主食材として「ミゾエビジャコ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ