ヒメコウイカ(Kobi cuttlefish)

Scientific Name / Sepia (Doratosepion) kobiensis Hoyle,1885

ヒメコウイカの形態写真

外套長7cm前後になる。腕の長さはどれも同じくらい。
ヒメコウイカの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
外套長7cm前後になる。腕の長さはどれも同じくらい。貝殻。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    軟体動物門頭足綱二鰓亜綱コウイカ目コウイカ科コウイカ属Doratosepion亜属

    外国名

    Kobi cuttlefish

    学名

    Sepia (Doratosepion) kobiensis Hoyle,1885

    漢字・学名由来

    漢字 姫甲烏賊
    由来・語源 コウイカの仲間で小さいという意味。

    地方名・市場名

    コイカ[小いか]
    場所愛媛県松山市・伊予市 

    生息域

    海水生。
    北海道南部以南。東シナ海、東南アジア、インド、紅海。

    生態

    基本情報

    希に底曳き網に大量に入る。瀬戸内海では春に産卵群が漁獲されて「小いか」と呼ばれ食べられている。
    コウイカと比べると味わいに欠けるが、安い分、総菜などに活用されている。

    水産基本情報

    市場での評価 希に入荷する。安い。
    漁法 底曳き網
    産地 愛媛県、茨城県

    選び方

    味わい

    旬は冬から春
    非常に小振りでコウイカと比べるとやや水分が多い。
    熱を通しても強く締まらない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    生食(刺身)、揚げる(かき揚げ)、煮る(しょうゆ煮)

    ヒメコウイカの刺身刺身 胴の部分の皮を剥き、一瞬湯に通して氷水に落とす。水分をよく取り、適宜に切れ目を入れる。うま味や食感の点でコウイカよりも落ちるが、なかなか捨てがたい味。
    ヒメコウイカのかき揚げかき揚げ やや水分が多いので皮付きのまま適宜に切り、水分をよく拭き取る。これを三つ葉と合わせて、揚げたもの。
    ヒメコウイカの煮つけ煮つけ 墨、内臓を取り去り、よく水分を拭き取る。これをあっさりと煮つけた。あまり硬く締まらず美味。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    アドバイス/駒井智幸さん(千葉県立博物館)
    『新・世界有用イカ類図鑑』(奥谷喬司 全国いか加工業協同組合)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
  • 主食材として「ヒメコウイカ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ