コウイカモドキ(Madoka's cuttlefish)

Scientific Name / Sepia (Rhombosepion) madokai Adam, 1939

代表的な呼び名ハリイカ

コウイカモドキの形態写真

外套背長 10cm ML前後になる。外套膜背には明瞭な模様がなく鰭基部の白い線も不明瞭。外套膜外套膜幅は外套膜長さの50%を超える。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★★

    一般的(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門頭足綱二鰓亜綱コウイカ目コウイカ科コウイカ属
    外国名
    Madoka's cuttlefish
    学名
    Sepia (Rhombosepion) madokai Adam, 1939
    漢字・学名由来
    漢字/甲烏賊擬
    由来・語源/全国的にコウイカと混同されていたため。
    地方名・市場名 [?]
    ハリイカ
    備考コウイカと混同。 場所大阪など西日本で。 
    コウイカ
    備考コウイカと混同 場所東京など関東で 
    生息域
    海水生。内湾性。
    三河湾周辺以南(はっきりしていない)。
    中国大陸、インドシナ半島。
    生態
    基本情報
    コウイカと混同して流通している可能性が強い。ただコウイカと比べると非常に少ない。
    水産基本情報
    市場での評価/コウイカと混同されているので値段は同じ。やや高値。
    漁法/
    産地/
    選び方
    触って張りのあるもの。墨などが退色していないもので、粘液が白濁していないもの。
    味わい
    旬は不明だが秋〜春でコウイカと同じではないかと思う。
    墨をつぶさないように下ろす。
    身は厚みがあって柔らかい。げそも大きい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    コウイカモドキの料理法・調理法・食べ方/生食(刺身)

    コウイカモドキの刺身(湯引き) 水洗いして皮を剥き、切れ目を入れて一瞬湯通しして氷水に落として、水分を切ったもの。味はコウイカと変わらない。甘味がほどよく厚みがあるので食べ出がある。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『新・世界有用イカ類図鑑』(奥谷喬司 全国いか加工業協同組合)
  • 主食材として「コウイカモドキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ