ヨーロッパコウイカ(英名/Cuttlefish)

Scientific Name / Sepia (Sepia) of!cinalisLinnaeus, 1758

ヨーロッパコウイカの形態写真

外套長30センチを超える。大型のコウイカ。外套にはトラ状の文様がある。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★
      知っていたら達人級
    • 食べ物としての重要度

      ★★★
      一般的(流通量は普通)
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    軟体動物門頭足綱二鰓亜綱コウイカ目コウイカ科コウイカ属Sepia亜属

    外国名

    英名/Cuttlefish

    学名

    Sepia (Sepia) of!cinalisLinnaeus, 1758

    漢字・学名由来

    地方名・市場名

    モンゴウイカ[紋甲烏賊]
    備考流通上は。 

    生息域

    海水生。ヨーロッパからアフリカ大陸、南アフリカから南東アフリカ沿岸。

    生態

    基本情報

    国産のコウイカ類の高騰から1960年代にアフリカなどから盛んに輸入されるようになった。
    今では国内でモンゴウイカというと本種などをさし、すっかり食用として定着している。
    また比較的安いすし屋さん、料理店、仕出し料理などにも利用されている。
    おしなべて軟体類のイカやタコは冷凍しても劣化が遅く、品質が安定しているので決して安くはない。

    水産基本情報

    市場での評価 丸のまま冷凍されたものは市場でも定番的な商材となっている。また需要が高く、人気があるのでやや高値で安定している。
    漁法 底曳き網
    主な産地 モロッコなど西部アフリカ

    選び方

    しっかり冷凍されているもの。冷凍焼けで変色していないもの。

    味わい

    旬は不明。
    身が分厚く、旨み、甘みが強い。
    身は柔らかく、熱を通しても硬くなりすぎない。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法 刺身、ゆでる、天ぷら
    刺身は非常に美味。
    冷凍状態を経たためか柔らかい。
    ゆでても美味。
    他には天ぷら。
    ヨーロッパコウイカの刺身刺身

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『新・世界有用イカ類図鑑』(奥谷喬司 全国いか加工業協同組合)
  • 主食材として「ヨーロッパコウイカ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ