ケブカイセエビ(Scalloped Spiny Lobster)

Scientific Name / Panulirus homarus (Linnaeus, 1758)

代表的な呼び名サメハダイセエビ

ケブカイセエビの形態写真

体長26cm前後になる。触角版には2対の大棘が四隅にある。イセエビよりも青みがかる。
ケブカイセエビの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長26cm前後になる。触角版には2対の大棘が四隅にある。イセエビよりも青みがかる。体長26cm前後になる。触角版には2対の大棘が四隅にある。イセエビよりも青みがかる。体長26cm前後になる。触角版には2対の大棘が四隅にある。イセエビよりも青みがかる。体長26cm前後になる。触角版には2対の大棘が四隅にある。イセエビよりも青みがかる。体長26cm前後になる。触角版には2対の大棘が四隅にある。イセエビよりも青みがかる。体長26cm前後になる。触角版には2対の大棘が四隅にある。イセエビよりも青みがかる。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目イセエビ下目イセエビ上科イセエビ科イセエビ属

    外国名

    Scalloped Spiny Lobster

    学名

    Panulirus homarus (Linnaeus, 1758)

    漢字・学名由来

    漢字 毛深伊勢蝦、毛深伊勢海老 Kebukaiseebi
    由来・語源 不明。別名、サメハダイセエビ。
    Linnaeus
    Carl von Linné(カール・フォン・リンネ 1707-1778 スウェーデン)。二名法を確立。

    地方名・市場名

    ハマエビ
    場所徳島県海部郡海陽町宍喰 

    生息域

    海水生。浅い岩礁域、サンゴ礁域。
    神奈川県小田原、静岡県伊豆半島、紀伊半島、徳島県海陽町宍喰、鹿児島県奄美大島・沖縄県。
    マレー諸島、オーストラリア沿岸、インド洋。

    生態

    浅い岩礁に棲む。
    孵化したものがフィロゾーマ幼生期(プランクトン)生活を送り、プエルルス幼生となって着底する。
    発音器を持っており、陸上にあげると「クク・クク」と音をたてる。

    基本情報

    相模湾以南の岩礁域に生息している。古くは紀伊半島以南に希にとれるものであったが、近年増えているように思える。
    味はイセエビ同様においしく、またやや安く買える。

    水産基本情報

    関東の市場ではまだ見ていない。伊豆半島などでは希にあがる。

    選び方

    味わい

    イセエビ同様味はよい。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    調理法
    みそ汁、ゆでる、焼く(グリル、ソテー)、刺身
    刺身はイセエビと同様、そんなにうまくない。平凡。
    ゆでエビにした方がうまい。
    他にはみそ汁にして絶品。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    協力/田中水産 鹿児島県鹿児島市
    『原色日本大型甲殻類図鑑 Ⅰ、Ⅱ』(三宅貞祥 保育社)
  • 主食材として「ケブカイセエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ