アマミイセエビ(White-whiskered Coral Crayfish)

Scientific Name / Panulirus femoristriga (Von Martens, 1872)

アマミイセエビの形態写真

全長20cm前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目イセエビ下目イセエビ上科イセエビ科イセエビ属
    外国名
    White-whiskered Coral Crayfish
    学名
    Panulirus femoristriga (Von Martens, 1872)
    漢字・学名由来
    漢字 奄美伊勢蝦、奄美伊勢海老
    由来・語源 2008年に関口秀夫が命名。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水生。浅い岩礁・サンゴ礁域。
    紀伊半島、小笠原諸島、鹿児島以南。
    生態
    基本情報
    イセエビ科総論
    イセエビというのは現在ではイセエビ属22種とミナミイセエビ属7種の総称。
    世界中の暖かい海にいるもので、非常に大型になる。
    国内ではイセエビを代表としてカノコイセエビ、ニシキエビなど。
    ニュージーランドや南アフリカ、東南アジアなどから多種類の近縁種が輸入されている。
    エビの語源となったイセエビは食用としてだけではなく、冠婚葬祭や正月飾りにも使われる。
    またえび茶色、歌舞伎役者の名前「海老蔵」など文化的にも重要となっている。
    水産基本情報
    鹿児島県屋久島、奄美大島ではカノコイセエビに混ざりとれている。
    市場での評価も同じ。
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「アマミイセエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ