クロホシイシモチ(Spotnape cardinalfish)

Scientific Name / Ostorhinchus notatus (Houttuyn, 1782)

クロホシイシモチの形態写真

11cm SL 前後になる。下顎の先端が黒く、尾鰭の柄部に黒い斑紋がある。目の後部に1対の黒い斑紋がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目テンジクダイ科スジイシモチ属
    外国名
    Spotnape cardinalfish
    学名
    Ostorhinchus notatus (Houttuyn, 1782)
    漢字・学名由来
    漢字 黒星石持
    由来・語源/田中茂穂は「クロホシテンジクダイ」と命名している。現和名になった理由は不明。尾鰭の柄部にある黒い斑紋から。
    地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に移動しました。クリックでジャンプします。
    生息域
    海水生。沿岸の浅い岩礁域で群れを作る。
    伊豆大島、八丈島、千葉県館山市〜屋久島の太平洋沿岸、愛媛県宇和海、九州北岸・西岸、琉球列島。済州島、台湾東北部・南部、フィリピンセブ島、パラオ諸島、ニューカレドニア。
    生態
    雄は卵を口内で守る。
    基本情報
    主に定置網などで漁獲され、雑魚として廃棄されることが多い。
    また釣りの世界では防波堤(波止)からのエサ釣りの代表的な外道。
    水産基本情報
    市場での評価 流通したものを見ていない。
    漁法 定置網
    産地
    選び方
    味わい
    旬は不明。
    鱗は硬く強い。皮は柔らかく弱い。透明感のある白身で脆弱であるがクセがなく上品な味。骨は軟らかく頭部に硬い耳石を持つ。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    クロホシイシモチの料理法・調理法・食べ方/揚げる(唐揚げ)

    クロホシイシモチの唐揚げ ネンブツダイと比べると鱗が強い。鱗を取り、鰓をつまんで頭ごと内臓を取る。水洗いして水分をよくきり、片栗粉をまぶしてじっくり二度揚げする。さくさくと香ばしくおいしい。
    好んで食べる地域・名物料理
    唐揚げ●高知県宿毛市などでは唐揚げにして食べる。[高知県宿毛市栄喜漁業協同組合]
    加工品・名産品

    はりめの煮干、あかじゃこの煮干し/徳島県・高知県 定置網などに入ったクロホシイシモチをゆでて干したもの。甘味があり、ところてん、や素麺、うどんなどに合う。「はりめ」、「あかじゃこ」はネンブツダイ、キンメモドキなどのことでもある。[高知県宿毛市、ぬしま鮮魚 徳島県海部郡海陽町宍喰・竹ヶ島]
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/橋本歩(愛媛県八幡浜)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『四国南西地域における磯の生き物の方言と利用』(黒潮生物研究所)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
    地方名・市場名 [?]
    アカジャコ
    参考『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929) 場所和歌山県田辺、徳島県海部郡海陽町宍喰・竹ヶ島 
    ガシタ
    参考田中水産(鹿児島県鹿児島市) 場所鹿児島県坊津 
    イッセンジャコ(一銭雑魚)
    参考参考として 場所鹿児島県甑島 
    イシワリ[石割]
    備考耳石が硬くて噛むと石を割るようだからだと思われる。イシワリにはネンブツダイの「赤」とクロホシイシモチの「黒」があり。「赤」が本来のイシワリ。徳島県海部郡海陽町宍喰・竹ヶ島 場所徳島県海部郡海陽町宍喰・竹ヶ島 
    ギンガリ
    備考ネンブツダイとともに。 場所愛媛県宇和島市遊子 
    ゲンナイ
    場所高知県幡多郡大月町 
    ハリメ
    場所高知県宿毛市、土佐清水、四万十町 
    アイジャコ イシバリメ ガサガサウフミー クロイシモチ ゲンナイ メブト
    参考文献より。 
  • 主食材として「クロホシイシモチ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ