マルクチヒメジ(Gold-saddle goatfish)

Scientific Name / Parupeneus cyclostomus (Lacepède, 1801)

マルクチヒメジの形態写真

SL 50cm前後になる。体側に横帯、尾柄部の斑紋がない。ひげは鰓蓋後縁を超える。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★★
      非常に美味

    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ヒメジ科ウミヒゴイ属

    外国名

    Gold-saddle goatfish

    学名

    Parupeneus cyclostomus (Lacepède, 1801)

    漢字・学名由来

    漢字 丸口比売知
    由来・語源
    Lacepède
    Bernard Germain Lacepède(ベルナール・ジェルマン・ド・ラセペード 1756-1825 博物学者、音楽家。フランス)はビュフォン(Georges-Louis Leclerc de Buffon 博物学者。リンネとは違った配列を試みた)の後継者。

    地方名・市場名

    イラン
    場所沖縄県南城市知念漁協 
    タアカシ タカカシー
    場所沖縄県名護市・うるま市・南城市知念漁協 

    生息域

    海水魚。サンゴ礁平面域、礁湖。水深125mまでのサンゴ礁外縁。
    八丈島、小笠原諸島、屋久島、琉球列島。
    少ない/伊豆半島東岸〜高知県柏島までの太平洋沿岸
    台湾、イースター島をのぞくインド-太平洋。

    生態

    魚食性。

    基本情報

    沖縄でとれる大型ヒメジ類でも特に大きくなるもの。
    他のヒメジ類と一緒に魚汁などになり、区別されずに取引されている。

    水産基本情報

    市場での評価 沖縄のヒメジ類でも少ないもの。やや高値。
    産地 刺し網、定置網、釣り
    産地 沖縄県

    選び方

    味わい

    旬は不明。春に卵を持っているので、産卵後はまずいかも。
    鱗は大きく薄く取りやすい。皮は厚く独特の風味がある。骨はあまり硬くない。
    透明感のある白身でまったくクセがない。
    皮、骨などからいいだしが出る。

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    煮る(まーす煮、煮つけ)、ソテー(バター焼き)、生食(焼霜造り)
    タカカシ料理
    マルクチヒメジのまーす煮(タカカシのまーす煮) 大型のヒメジ(ウミヒゴイ属)なので丸ごと塩煮とはいかない。頭部だけで作ってみた。ヒメジの特徴は煮ると崩れやすいこと。ただ強めの塩水で短時間にてもあまり煮崩れず、皮目などがとろっと好ましい食感になった。一緒に煮た豆腐もおいしい。

    タカカシ料理マルクチヒメジのバター焼き(タカカシのバター焼き) 水洗いして水分をよくきる。適当な大きさに切り、塩コショウする。少し置き、多めの油でソテー。仕上げにマーガリンの風味をつける。焦げた部分の香りがよく上質な白身は身離れもよい。非常においしい。
    タカカシ料理マルクチヒメジの焼霜造り(タカカシの刺身) 単純に刺身にしても、嫌みのない白身で悪くはない。ただ少し単調な味わい。皮を生かすことで別種の味わいにしてみる。焼いてもまだ皮は硬いが味に奥行きがあっておいしい。

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『美ら海市場図鑑 知念市場の魚たち』(三浦信男 ぬにふぁ星 2012)
  • 主食材として「マルクチヒメジ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ