トンガリヒゲ

Scientific Name / Coelorinchus longissimus Matsubara, 1943

トンガリヒゲの形態写真

TL 36cm 前後になる。吻(先端)は長く尖ろ、体側の斑紋は不明瞭。体側鱗の小棘は小さくて密。鰓条骨は6、背鰭第2棘の前縁は円滑、発光器は長く尻鰭隆起直前まで伸びる。吻背側の前側無鱗域は広い。頭部下面は先端のみ鱗がある。
トンガリヒゲの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
TL 36cm 前後になる。吻(先端)は長く尖ろ、体側の斑紋は不明瞭。体側鱗の小棘は小さくて密。鰓条骨は6、背鰭第2棘の前縁は円滑、発光器は長く尻鰭隆起直前まで伸びる。吻背側の前側無鱗域は広い。頭部下面は先端のみ鱗がある。TL 36cm 前後になる。吻(先端)は長く尖ろ、体側の斑紋は不明瞭。体側鱗の小棘は小さくて密。鰓条骨は6、背鰭第2棘の前縁は円滑、発光器は長く尻鰭隆起直前まで伸びる。吻背側の前側無鱗域は広い。頭部下面は先端のみ鱗がある。吻背側の前側無鱗域は広い。頭部下面は先端のみ鱗がある。体側鱗の小棘は小さくて密。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱新鰭区真骨亜区正真骨下区側鰭上目タラ目ソコダラ科トウジン属
    外国名
    学名
    Coelorinchus longissimus Matsubara, 1943
    漢字・学名由来
    漢字/尖り鬚
    由来・語源/吻の形から。
    Matsubara
    松原喜代松(Matsubara Kiyomatu 兵庫県 1907-1968)。『日本産魚類検索』、『魚類の形態と検索』など魚類学史上重要な著書を多く残す。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。水深225-680mの大陸棚斜面上部の砂泥地。
    [長崎県長崎市]、房総半島〜宮崎県土々呂の太平洋沿岸、沖縄舟状海盆。
    朝鮮半島南岸、台湾東北部・南部。
    [ ]は水揚げ地。
    生態
    基本情報
    深海魚で底曳き網、釣りなどに混ざるもの。一般的には利用されていない。ソコダラ科のなかでも小型。まとまらない限り流通しない。
    水産基本情報
    市場での評価/流通しない
    漁法/底曳き網、釣り
    産地/長崎県、静岡県
    選び方
    触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は冬から春にかけてではないかと思う。
    鱗はザラザラして硬いが取りやすい。皮は厚く熱に弱い。
    白身で血合いはほとんど目立たない。熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    トンガリヒゲの料理法・調理法・食べ方/煮る(煮つけ)

    トンガリヒゲの煮つけ 水洗いしていたら抱卵していたが、身には張りがあり、緻密である。これを湯通しして冷水に落として残った鱗などを流す。酒・しょうゆ・水であっさりと煮つけた。煮ると適度にしまり、身離れがいい。頭部に筋肉がないのは残念であるが、とてもうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/石田拓治さん(印束商店 長崎県長崎市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「トンガリヒゲ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ