ズナガソコダラ(Grenadier)

Scientific Name / Coelorinchus longicephalus Okamura, 1982

ズナガソコダラの形態写真

TL(全長)89cm前後になる。吻は先端は尖らないが長い。頭部下面に鱗はない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱新鰭区真骨亜区正真骨下区側鰭上目タラ目ソコダラ科トウジン属
    外国名
    Grenadier
    学名
    Coelorinchus longicephalus Okamura, 1982
    漢字・学名由来
    漢字 頭長底鱈
    由来・語源 東部の長いソコダラ(深海生のタラの仲間)の意味。
    Okamura
    岡村収(おかむら おさむ Osamu Okamura 1933-2008 高知県高岡郡別府村〈現仁淀川町〉)。京都大学で松原喜代松下でソコダラ類を研究。高知大学教授。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。水深336-700m。
    駿河湾、九州。〜パラオ海嶺。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    トウジン同様白身で刺身、フライなどになる。ただし味わいはトウジンより落ちる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    刺身/フライ/ムニエル
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ズナガソコダラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ