クロメ

Scientific Name / Ecklonia kurome Okamura

クロメの形態写真

細い茎があり先に葉をつける。葉はリボン状に分かれ、シワがある。

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    植物界褐藻植物門褐藻綱コンブ目コンブ科カジメ属
    外国名
    学名
    Ecklonia kurome Okamura
    漢字・学名由来
    漢字 黒布
    由来・語源 海中で群落を見ると黒いから?
    地方名・市場名 [?]
    カジメ アラメ
    生息域
    海水生。本州沿岸中部〜九州、日本海中部沿岸。
    生態
    基本情報
    若いものは生鮮品として利用され、また採取して乾物として流通する。
    アラメと区別しないで出回り、利用法なども同じ。
    基本的に「アラメ」、「カジメ」、「クロメ」の呼び名は混同甚だしい。
    水産基本情報
    市場での評価 生鮮品は限定的な流通。乾物はやや高値。
    漁法 採取。
    産地 島根県ほか
    選び方
    味わい
    生鮮品はそのまま熱を通し柔らかい。
    刻んでゆでるととろろ状になる。
    乾物はもどして炒め煮などになる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    生鮮品/とろろ、汁の具、酢の物
    乾物/煮る(炒め煮、煮染め)、サラダ、汁の具
    ゆでる◆若い葉を刻んでゆでる。とろろ状になり、ご飯や汁などになる。酢の物にも。
    汁の実◆みそ汁の具などにもなる。
    煮る◆乾物、生鮮品とも煮染め、炒め煮などに利用できる。
    ●アラメ、サガラメ、クロメは共通

    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「クロメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ