アントクメ

Scientific Name / Eckloniopsis radicosa (Kjellman) Okamura f. radicosa

アントクメの形態写真

    • 物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度

      ★★
      地域的、嗜好品的なもの
    • 味の評価度

      ★★★
      美味

    分類

    植物界褐藻植物門褐藻綱コンブ目コンブ科アントクメ属

    外国名

    学名

    Eckloniopsis radicosa (Kjellman) Okamura f. radicosa

    漢字・学名由来

    漢字 安徳藻、安徳布
    由来・語源 和名アントクメは文治元年(1185年),壇の浦の戦いに敗れた平家と運命をともにして入水した安徳帝(安徳天皇)にちなむ。参考文献/「日本産コンブ類図鑑」川嶋昭二 北日本海洋センター

    地方名・市場名

    シワメ
    場所伊豆半島仁科 
    トントンメ
    場所土肥 

    生息域

    海水生。太平洋中部〜南部。南西諸島。
    漸深帯の岩、貝殻上。

    生態

    基本情報

    今回は乾燥品「しわめ」(静岡県賀茂郡西伊豆町仁科)をもどして利用。
    春には伊豆尾半島西岸などで生が手に入る。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    仁科の「しわめ」は水であっという間にもどってしまう。戻しすぎに注意が必要だろう。これをさっと湯通し、冷水にとり酢の物にする。これはワカメほどの旨味味わいはないけれど美味。またみそ汁などに使うときには水で戻したものを適当に切り、それをみそ汁に入れるだけ。これなどワカメだけの日常的海藻利用に変化があっていい。


    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    菊地則雄さん 千葉県立中央博物館海の博物館
    三角屋 静岡県西伊豆町
  • 主食材として「アントクメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ