サガラメ

Scientific Name / Eisenia arborea Areschoug

代表的な呼び名アラメ

サガラメの形態写真

全体が80cm前後になる。

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    植物界褐藻植物門褐藻綱コンブ目コンブ科アラメ属
    外国名
    学名
    Eisenia arborea Areschoug
    漢字・学名由来
    漢字 相良布
    由来・語源 静岡県相良で多く取れたため。
    地方名・市場名 [?]
    アラメ
    場所三重県鳥羽市周辺 
    アラメ
    場所徳島県海部郡美波町伊座利 
    生息域
    海水生。
    太平洋御前崎から紀伊半島、四国徳島県。
    生態
    基本情報
    御前崎から紀伊半島までの狭い地域であがるもの。
    地域地域で利用されているもので、広く流通はしない。
    若い藻体は生鮮品として湯通しするなどで利用。
    また乾製品は年間を通して利用されている。
    鳥羽市の島々では「あらめ巻き」などの伝統料理もある。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    春の若い葉は柔らかく、生鮮品としても食べることができる。
    刻んでゆでるとととろろ状になる。
    乾物は数分で戻り、炒め煮などになる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    生鮮品/とろろ、汁の具、酢の物
    乾物/煮る(炒め煮、煮染め)、サラダ、汁の具
    ゆでる◆若い葉を刻んでゆでる。とろろ状になり、ご飯や汁などになる。酢の物にも。
    汁の実◆みそ汁の具などにもなる。
    煮る◆乾物、生鮮品とも煮染め、炒め煮などに利用できる。
    ●アラメ、サガラメ、クロメは共通
    あらめ巻き/三重県鳥羽市周辺。干したサガラメの葉でイワシ(マイワシ)、サンマを巻き、醤油、砂糖、酒で味つけしたつゆで煮たもの。
    好んで食べる地域・名物料理
    あらめ巻き●干したサガラメの葉でイワシ(マイワシ)、サンマを巻き、醤油、砂糖、酒で味つけしたつゆで煮たもの。[三重県鳥羽市の離島、神島]
    ふなのあらめ巻き(あらめ巻き、あら巻き)●素焼きにしたフナを「干しあらめ(サガラメ)」で巻いて煮たもの。[岐阜県南部南濃町周辺]
    あらめ巻き●フナや「もろこ(タモロコ、モツゴ)」などをサガラメで巻き、甘辛く煮込んだもの。[愛知県津島市]
    あらめと油揚げのたいたん●京都市ではお盆にあらめと油揚げを甘辛くたく。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    神饌●三重県鳥羽市神島では「あらめ(サガラメ)」を伊勢神宮に神饌として奉納している。
    参考文献・協力
    協力/鳥羽市水産研究所
    『三重県 志摩・熊野の伝統料理』(伊勢農林水産商工環境事務所)、鈴木雅大「生きもの好きの語る自然誌」、『標準原色図鑑 海藻』(千原光雄 保育社)、『聞き書 岐阜の食事』(農文協)
  • 主食材として「サガラメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ