ホソメコンブ

Scientific Name / Saccharina japonica var. religiosa

ホソメコンブの形態写真

長さ40-1m、幅5-10cm前後になる。茎は円形。

  • 物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    植物界褐藻植物門黄藻綱(褐藻綱)コンブ目コンブ科コンブ属
    外国名
    学名
    Saccharina japonica var. religiosa
    漢字・学名由来
    漢字/細目昆布
    由来・語源/藻体の幅が細いため。
    地方名・市場名 [?]
    イソコンブ[磯昆布]
    参考『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社) 場所北海道 
    イチネンコンブ[一年昆布]
    参考20191218木下 場所青森県下北郡佐井村矢越 
    生息域
    海水生。潮間帯〜水深10m。
    東北、北海道。北太平洋沿岸。
    生態
    1年藻で、1年で枯れて流失してしまう。
    基本情報
    東北北海道でほそぼそと採取漁が行われている。商品価値は低いものの、ほどほどにいいだしが取れる。もっと利用すべき海藻である。
    水産基本情報
    市場での評価/流通上はあまり見かけない。珍味・海藻などを扱う店(仲卸)でも定番品ではない。
    漁法/採取
    産地/北海道、青森県
    選び方
    基本的に乾製品。乾燥の度合いが強く、黒っぽいもの。
    味わい
    乾製品なので旬はない。
    マコンブなどと比べると、同じ重さで比べたらうま味が少ない。量を増やしてだしをとるといい。
    ただし値段が安いのでやや多めに使うといい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ホソメコンブの料理法・調理法・食べ方/だし
    ホソメコンブのだし 基本的にマコンブの味わいに似ている。オニコンブの強い風味がなく、どのような料理にも使いやすい。マコンブとの違いは、同じ量のだしをとるのに、マコンブの2倍の量が必要なことだ。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/木下さん(青森県佐井村)
    『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)
  • 主食材として「ホソメコンブ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ