このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「クロメジナ」はこちら >>
メジナよりも沖合を回遊している。鰓ぶたの後淵が黒い。全体に細長い。尾柄(尾ビレの基部の幅が広い)
比較のためにメジナへ
メジナ科について◆
東アジアには3種。国内には3種(メジナ、クロメジナ、オキナメジナ)とも生息する。
メジナ、クロメジナ、オキナメジナとも食用となる。
■食用としてよりも釣りの対象魚として知名度が高い。
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
スズキ目スズキ亜目
メジナ科メジナ属
クロメジナ
Girella leonina (Rchardson)
他のメジナ科の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★★ 知っていたら通人級
食べ方◆焼き切り・刺身(韓国酢みそ)/
塩焼き(韓国風焼き魚)/ポワレ/煮つけ
○季節やとれる場所によっては美味、また非常に美味
大きさ◆70センチ前後になる
生息域◆房総半島以南。済州島、台湾、香港。
生態◆
産卵期は11月から12月。
メジナよりも沖合に多い。
市場での評価・取り扱われ方◆市場では珍しいものではないが入荷は少ない。少ないので一定の評価はなくやや安い
クロメジナの基本◆
■磯釣りの代表的な対象魚。
メジナよりも南方系。
漁獲方法◆釣り/定置網
漢字◆
「黒目近魚」、「黒眼仁奈」、「黒目品」。
由来◆
メジナの仲間で黒っぽいため。
呼び名・方言◆
■関東などの釣りの世界では「オナガ(尾長)」、「オナガメジナ(尾長めじな)」、「オキメジナ(沖めじな)」。
■関西で「オナガグレ(尾長ぐれ)」と呼ぶ。
■愛媛県愛南町では「オキタカ」。
「カマダキ」、「クルシチュー」、「クロコ」、「タカイオ」、「タカウオ」、「グレ」、「メジナ」。
メジナ・クロメジナの呼び名方言のページへ
釣り◆
■関東では伊豆七島などへの遠征で60センチクラスの「尾長(おなが)」を釣るのはとても人気がある。
■外房、駿河湾、伊豆諸島の船づりでも大型が釣れる。
◆食べてみる◆
 産卵期からして秋・冬が旬である。ただし産卵後を除くと夏でも比較的臭みもなく、うまい。
 だいたい本種には生息場所の違いからかメジナほどは磯臭くない。
 皮をつけたまま表面を焼き、切りつけて食べる。また普通に刺身にしてもうまい。
 韓国料理を取り入れた食べ方をするとうまい。韓国酢みそ(コチュジャン、酢、味噌、胡麻油)や胡麻油、ニンニクなどをつけて食べることで臭いが気にならなくなる。
 韓国料理には小麦粉をつけて胡麻油で焼くというのもあり、これもメジナに向いた料理。
 フレンチのムニエル、ポワレ(切り身にして塩コショウ、油で焼く)の味は他の魚の追随をゆるさない。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
■は私見、市場魚貝類図鑑のデータベースから
●同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
●参考/『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ

サイト内検索

目次