キビレカワハギ(Modest filefish)

Scientific Name / Thamnaconus modestoides (Barnard,1927)

キビレカワハギの形態写真

SL33cm前後になる。第1背鰭棘の後方つけ根に小さな皮膜がある。体色はウマヅラハギよりも淡く、体側に紋がない。鰓孔(目の下にある斜め前方に裂け目)の前端は目の前端と同じ位置(直下)に達する。
キビレカワハギの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SL33cm前後になる。第1背鰭棘の後方つけ根に小さな皮膜がある。体色はウマヅラハギよりも淡く、体側に紋がない。鰓孔(目の下にある斜め前方に裂け目)の前端は目の前端と同じ位置(直下)に達する。鰓孔(目の下にある斜め前方に裂け目)の前端は目の前端と同じ位置(直下)に達する。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系フグ目カワハギ科ウマヅラハギ属
    外国名
    Modest filefish
    学名
    Thamnaconus modestoides (Barnard,1927)
    漢字・学名由来
    漢字 黄鰭皮剥
    由来・語源 鰭が黄色いため。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。水深200mよりも浅い岩礁域。
    八丈島、小笠原諸島、神奈川県三浦半島・二宮・小田原・真鶴町、三重県志摩、和歌山県南部・白浜町椿、高知県以布利、愛媛県深浦、兵庫県浜坂、山口県日本海沿岸、五島列島南西沖。
    台湾、香港、オーストラリア西岸・東岸、ニューカレドニア、アンダマン海、チャゴス群島、マダガスカル、アフリカ南東岩。
    生態
    基本情報
    1990年代の『日本産魚類検索 全種の同定 第一版』(中坊徹次編 東海大学出版会)には小笠原諸島、琉球列島でしか確認できていない。それが今や相模湾などでもしばしば見かけるほどになっている。これは本種が認知されていなかったためなのか、温暖化のせいなのかは不明。今でも日本各地でウマヅラハギと混同されて扱われている可能性が高い。
    味的にもウマヅラハギとそっくり、ときに筋肉が赤みを帯びるが手に入れた個体数が少ないので身質の正確な評価は出来ない。
    水産基本情報
    市場での評価 近年関東の市場、漁港でもよく見かける。ウマヅラハギと区別できていないので値段も同様。
    漁法 定置網
    産地 静岡県、神奈川県
    選び方
    味わい
    旬は秋から春(?)。
    皮は厚く、ビニールのようで剥ぎやすい。薄皮があり、繊細で引くのは難しい。骨はやや硬い。
    血合いは片身上下に大きく、濃い赤褐色。血合いをすきとると歩留まりは悪い。白身で赤みがかる。熱を通すと締まる。肝は秋冬に大きく美味。肝はクセ、嫌みがなく非常に美味。骨や、筋肉、アラなどからいいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    キビレカワハギの料理法・食べ方/生食(刺身、焼霜造り)、ソテー(バター焼き)、煮る(煮つけ、鍋)、汁(潮汁、みそ汁)、揚げる(唐揚げ)
    キビレカワハギの焼霜造り
    キビレカワハギのバター焼き
    キビレカワハギの煮つけ
    キビレカワハギの鍋
    キビレカワハギの潮汁
    キビレカワハギの塩焼き
    キビレカワハギの唐揚げ
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「キビレカワハギ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ