センウマヅラハギ

Scientific Name / Cantherhines multilineatus (Tanaka, 1918)

センウマヅラハギの形態写真

SL 20cm前後になる。第1背鰭には薄い皮膜がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系フグ目モンガラカワハギ亜目カワハギ科センウマヅラハギ属
    外国名
    学名
    Cantherhines multilineatus (Tanaka, 1918)
    漢字・学名由来
    漢字/線馬面剥
    由来・語源/体側に楯の線があるため。
    Tanaka
    田中茂穂(Shigeho Tanaka 明治30-昭和49 1878-1974 高知県)。東京帝国大学にて魚類の分類を始める。日本魚類学の父。170種前後の新種を記載。献名された種も少なくない。
    地方名・市場名 [?]
    生息域
    海水魚。水深120m-150m。
    相模灘、神奈川県三浦半島、熊野灘、土佐湾、富山湾、五島列島五有川、[屋久島]、東シナ海。
    西沙諸島、スマトラ島、ハワイ諸島、ミャンマー東岸。
    生態
    基本情報
    カワハギ類のなかでも小型種。漁獲量が非常に少ないのもあり、それほど利用されているとは思えない。
    水産基本情報
    市場での評価/市場ではほとんど見たことがない。一定の評価がない。
    漁法/定置網、巻き網
    産地/
    選び方
    触って張りのあるもの。色合いのくすんでいないもの。
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/川東守昭さん・繭右さん、屋久島安房のみなさん
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「センウマヅラハギ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ