キサゴ

Scientific Name / Umbonium costatum(Valenciennes,1838)

キサゴの形態写真

殻幅3センチ前後になる。いわゆるカタツムリ形。螺層の上に4、5本の螺溝(筋)がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目ニシキウズガイ科キサゴ属
    外国名
    学名
    Umbonium costatum(Valenciennes,1838)
    漢字・学名由来
    漢字 喜佐古、細螺、扁螺。
    由来・語源 「きさ」とは木目のことで木目状の模様のある巻き貝の意味。
    地方名・市場名 [?]
    ナガラミ ナガラメ
    備考「ナガラミ」。また「ナガラメ」と呼ぶ地域が多い。 場所関東の市場 
    ヤサリメ

    キシャゴ チシャゴ ビナ マイゴ ヤサラ アラメキリ イシナゴ イシャラ オナガラ ガランダ ゴウナ ツヅナゴ ビーナゴ マサハジキ ヨラミ ヨラメ
    参考文献より。 
    生息域
    海水生。
    北海道南部から九州の砂地に棲息。
    生態
    基本情報
    流通するキサゴ類はダンベイキサゴとキサゴ。
    ともにあまり多くはないが、キサゴはダンベイキサゴと比べても少ない。
    比較的ローカルな、しかも地味な存在で、ほそぼそと各地で楽しまれている。
    水産基本情報
    市場での評価 愛知県などから入荷してくる。量的には非常に少ない。値段はやや高め。
    漁法 不明
    産地 愛知県など
    選び方
    原則的に生きているもので、足などを盛んに出して動いているもの。
    味わい
    旬は春から夏。
    貝殻が薄く、身(可食部)は多い。
    熱を通すとやや硬くなる。
    ダンベイキサゴ、キサゴは共通。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 塩ゆで、煮る
    キサゴの仲間はあまり火を通しすぎないのがよい。陶器などの器に塩と入れて熱湯をそそぎ、しばらく蓋などをして待つ。ほどなく待った後、その湯の中で身を洗いながら食べる。
    本種のいちばん嫌われるのが砂をかんでいるものの多いことであるが、これを器の湯で洗い落として食べる。
    また煮貝にする場合、軽く煮て、そのまま「鍋止め(鍋の中で冷ます)。個人的には単にゆでる方がうまいと思うが、煮ても乙な味になる。
    産地ではゆでたものを、酢の物にしたり、佃煮とする。これらもとてもうまい。
    キサゴの塩ゆで塩ゆで
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ニシキウズガイ科(Trochidae)について◆
    ■ 基本的には円錐形。殻の内側は真珠光沢を帯びる。
    ■ 国内に136種。
    ■ 代熱帯、亜熱帯、温帯に広く分布。
    ■ 代表的な食用種も多く多様。
    磯などで「磯もの」、「磯玉」と呼ばれる、バテイラ、オオコシダカガンガラ、イシダタミ、クマノコガイ、クボガイなど。
    熱帯にはギンタカハマ、サラサバテイ。
    砂地にいるキサゴ、ダンベイキサゴ。
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)、『日本語源大辞典』(小学館)
  • 主食材として「キサゴ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ