イシダタミ

Scientific Name / Monodonta labio form confusa Tapprone-Canefri,1874

イシダタミの形態写真

殻高2cm前後になる。全体に丸みが強く殻表にイシダタミ状畝が走る。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目ニシキウズ超科ニシキウズガイ科イシダタミ亜科イシダタミ属
    外国名
    学名
    Monodonta labio form confusa Tapprone-Canefri,1874
    漢字・学名由来
    漢字 石畳
    由来・語源 『目八譜』より。貝殻の表面が石畳を思わせるため。
    地方名・市場名 [?]
    オナゴダメ
    場所兵庫県姫路市家島群島坊勢島 
    シュウトメニナ[姑蜷]
    場所愛媛県伊方町 
    ヒシビ
    場所徳島県海部郡海陽町竹ヶ島 
    生息域
    海水生。潮間帯岩礁域。
    北海道南部〜九州。
    波打ち際などで簡単に見つけられる。
    生態
    基本情報
    流通はまずしない。
    一般的に磯遊び(磯のものをとって食べる)の対象。
    なかでも千葉県などでは主要な物ではなく脇役的な存在。
    比較的どのような場所にでもいて、水に入らなくても取れるので逆に倦厭されている。
    水産基本情報
    市場での評価 流通しない。
    漁法 採取
    産地
    選び方
    原則的に生きているもの。
    味わい
    旬は春ではないか。
    貝殻が厚く、口が小さい。
    身は取り出しにくい。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 みそ汁、ゆでる
    みそ汁◆みそ汁にして、身を食べないでだしにする。うま味のある汁になる。
    ゆでる◆身が取り出しにくいが味はいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    塩ゆで●兵庫県姫路市家島群島坊勢島。
    になみそになみそ クボガイ(ニナ)、クマノコガイ(ツベタカ)、イシダタミ(シュウトメニナ)、イソニナ、スガイ(ニゴザ)、レイシ(ニシ)などの磯の巻き貝をゆでて身を取り出し、ひしお(しょうゆのみ)で煮たもの。愛媛県伊方町で作られている。[次郎長寿司 愛媛県八幡浜]
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/坊勢漁業協同組合
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)
  • 主食材として「イシダタミ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ