ダンベイキサゴ(Sea snail)

Scientific Name / Umbonium giganteum (Lesson,1833)

代表的な呼び名ナガラミ

ダンベイキサゴの形態写真

SW 40mm前後になる。いわゆるカタツムリ形。表面はつやつや平滑(なめらか)でキサゴのなかでは大型になる。表面に螺溝(渦巻き状に現れる筋)がない。
ダンベイキサゴの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
SW 40mm前後になる。いわゆるカタツムリ形。表面はつやつや平滑(なめらか)でキサゴのなかでは大型になる。表面に螺溝(渦巻き状に現れる筋)がない。SW 40mm前後になる。いわゆるカタツムリ形。表面はつやつや平滑(なめらか)でキサゴのなかでは大型になる。表面に螺溝(渦巻き状に現れる筋)がない。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目ニシキウズガイ科キサゴ属
    外国名
    Sea snail
    学名
    Umbonium giganteum (Lesson,1833)
    漢字・学名由来
    漢字 団平喜佐古、団平細螺、団平扁螺。
    由来・語源 『目八譜』より。『丹敷能浦裏』には「オオシタダミ」。「だんべい」とは荷を運ぶ頑丈な川船。「きさ」とは木目のことか。(?)
    目八譜
    1843(天保14)、武蔵石寿が編んだ貝の図譜のひとつ。武蔵石寿は貝類を形態的に類別。1064種を掲載する。現在使われている標準和名の多くが本書からのもの。貝類学的に非常に重要。
    地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に移動しました。クリックでジャンプします。
    生息域
    海水生。男鹿半島、鹿島灘以南の九州南部の砂浜に棲息。
    外洋に面した砂地、水深5〜30メートルに生息。
    生態

    ダンベイキサゴの螺溝キサゴとダンベイキサゴの違い
    ダンベイキサゴ
    表面に螺溝(渦巻き状に現れる筋)がない
    キサゴの螺溝キサゴとダンベイキサゴの違い
    キサゴ
    表面に螺溝(渦巻き状に現れる筋)がはっきりしている
    基本情報
    キサゴ類でもっとも重要なのがダンベイキサゴ。日本各地で古くは子供のおやつになるほどとれていた。今、ローカルな存在ではあるが、本種だけは流通上見かける機会が多い。
    キサゴ類のなかでも大型になり、味もいいことから人気が高い。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷は不安定。高価。
    漁法 貝桁網(底曳き網)
    産地 千葉県、神奈川県
    活での流通が基本 生きたまま浅い発泡スチロールに入れられて流通する。
    選び方
    原則的に生きているもので、足などを盛んに出して動いているもの。
    味わい
    旬は春から夏
    貝殻が薄く、身(可食部)は多い。
    熱を通すとやや硬くなるので要注意。
    ダンベイキサゴ、キサゴは共通。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ダンベイキサゴの料理法・食べ方/煮る(塩ゆで、しょうゆ煮)

    ダンベイキサゴの塩ゆで 静岡県などでは厚みのある保温性のある器に本種を入れて、熱湯をそそいで蓋をする。3分ほど置き、食べる。湯はそのまま取り出した身の砂を洗いながら食べる(近年砂を噛んでいないことが多い)。ただしこれでは熱の通し方が一定しない。水洗いした本種を鍋に水と塩を入れて沸騰したら2分、そのまま鍋止めする方が確実に火が通る。身は柔らかく甘味があり、クセのないわたにはうま味が強くこくがある。非常においしい。

    ダンベイキサゴのしょうゆ煮 水洗いして鍋に水、酒、しょうゆを入れて、本種も加える。沸騰して2分〜3分、そのまま鍋止めする。煮汁ごと器に入れて砂を洗いながら食べる(近年砂を噛んでいないことが多い)。塩味とはひと味違う味わいになる。
    好んで食べる地域・名物料理
    ながらみ 静岡県では古くはたくさんとれて、子供のおやつとしてゆでていたほどだったという。[静岡県島田市・大井川町]
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ニシキウズガイ科(Haliotidae)について
    ■ 基本的には円錐形。殻の内側は真珠光沢を帯びる。
    ■ 国内に136種。
    ■ 代熱帯、亜熱帯、温帯に広く分布。
    ■ 代表的な食用種も多く多様。
    磯などで「磯もの」、「磯玉」と呼ばれる、バテイラ、オオコシダカガンガラ、イシダタミ、クマノコガイ、クボガイなど。熱帯にはギンタカハマ、サラサバテイ。砂地にいるキサゴ、ダンベイキサゴ。
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)、『日本語源大辞典』(小学館)
    地方名・市場名 [?]
    ガンガラ
    参考参考として 場所和歌山県 
    チョウセンヤサラ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所山口県大島 
    デンベェ(デンベエ)
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所神奈川県藤沢市江の島 
    ガンボ
    参考参考として 場所福井県 
    マイゴ
    場所高知県 
    マゴ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所高知県高知市 
    キキンミナ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所鹿児島県志布志 
    ヨネミナ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所鹿児島県志布志市 
    ナガラミ(ナガラメ)
    備考ナガラミ、またナガラメと呼ぶ地域が多い。 参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所千葉県、東京都、静岡県島田市・白須賀・御前崎・舞阪、愛知県豊橋市 
  • 主食材として「ダンベイキサゴ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ