イダテンカジカ(Idatenkajika)

Scientific Name / Ocynectes maschalis Jordan and Starks, 1904

イダテンカジカの形態写真

10cm SL 前後になる。頭部が上から見ると丸みがあり、眼後頭部に3対の総状皮弁がある。側線前方に皮弁がある。
イダテンカジカの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
10cm SL 前後になる。頭部が上から見ると丸みがあり、眼後頭部に3対の総状皮弁がある。側線前方に皮弁がある。10cm SL 前後になる。頭部が上から見ると丸みがあり、眼後頭部に3対の総状皮弁がある。側線前方に皮弁がある。10cm SL 前後になる。頭部が上から見ると丸みがあり、眼後頭部に3対の総状皮弁がある。側線前方に皮弁がある。10cm SL 前後になる。頭部が上から見ると丸みがあり、眼後頭部に3対の総状皮弁がある。側線前方に皮弁がある。10cm SL 前後になる。頭部が上から見ると丸みがあり、眼後頭部に3対の総状皮弁がある。側線前方に皮弁がある。
    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキカジカ亜目カジカ科イダテンカジカ属

    外国名

    Idatenkajika

    学名

    Ocynectes maschalis Jordan and Starks, 1904

    漢字・学名由来

    漢字 韋駄天杜父魚、韋駄天鰍 Idatenkajika
    由来・語源 田中茂穂の命名。「韋駄天」とは仏教を守護する蒋のひとつ。早く走れる神として「韋駄天走り」などの言葉がある。浅い岩礁域やタイドプールで見つけると素早く逃げ回る様子からつけたのだろう。
    Jordan
    David Starr Jordan〈デイビッド・スター・ジョーダン(ジョルダン) 1851-1931 アメリカ〉。魚類学者。日本の魚類学の創始者とされる田中茂穂とスナイダーとの共著『日本魚類目録』を出版。
    Starks
    エドウィン・チャピン・スタークス(Edwin Chapin Starks 1867-1932)。アメリカの魚類学者。スタンフォード大学、デイビッド・スター・ジョーダンのもとで魚類学を学ぶ。ジョーダンとともに国内の魚を多数記載。
    Tanaka
    田中茂穂(Shigeho Tanaka 明治30-昭和49 1878-1974 高知県)。東京帝国大学にて魚類の分類を始める。日本魚類学の父。170種前後の新種を記載。献名された種も少なくない。

    地方名・市場名

    生息域

    海水魚。潮間帯の潮だまり、浅い岩礁地帯。
    北海道日本海沿岸、新潟県佐渡〜九州北西岸、青森県津軽海峡〜宮城県沿岸、茨城県〜高知県の太平洋沿岸。朝鮮半島南岸、サハリン西岸・南東岸。

    生態

    磯の浅いところに普通に見られる。
    10センチ前後になる。

    基本情報

    磯遊びなどをしているとよく見かける魚である。非常に小型なので食用となることはない。

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    一般に食用ではない

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)

    食べていない

    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「イダテンカジカ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ