アズマニシキ(韓国/가리비(カリビ) Scallop)

Scientific Name / Azumapecten farreri nipponensis Kuroda, 1932

アズマニシキの形態写真

8cm SH 前後になる。イタヤガイ科では縦長で左殻は右殻よりも少し膨らむ。足糸湾入は深く、広く開口する。放射肋が無数にあり、鱗片が不規則にある。
アズマニシキの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
8cm SH 前後になる。イタヤガイ科では縦長で左殻は右殻よりも少し膨らむ。足糸湾入は深く、広く開口する。放射肋が無数にあり、鱗片が不規則にある。8cm SH 前後になる。イタヤガイ科では縦長で左殻は右殻よりも少し膨らむ。足糸湾入は深く、広く開口する。放射肋が無数にあり、鱗片が不規則にある。8cm SH 前後になる。イタヤガイ科では縦長で左殻は右殻よりも少し膨らむ。足糸湾入は深く、広く開口する。放射肋が無数にあり、鱗片が不規則にある。
  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱カキ目イタヤガイ亜目イタヤガイ科カミオニシキ亜科カミオニシキ属
    外国名
    韓国/가리비(カリビ) Scallop
    学名
    Azumapecten farreri nipponensis Kuroda, 1932
    漢字・学名由来
    漢字 東丹敷、東錦
    由来・語源 『目八譜』より。「にしき」は赤や黄色など色違いが出やすいためではないか?
    Kuroda
    黒田徳米(くろだ とくべい Kuroda Tokubei 1886-1987 兵庫県淡路島)。貝類学者。日本貝類学会創設者で、会長にもなった。同郷の平瀬與一郎の平瀬商店に丁稚奉公にあがり、貝類の収集、のちに分類にたずさわる。
    武蔵石寿
    武蔵石寿(むさし・せきじゅ 明和3-万延元年 1766-1861)。450石取りの旗本。本草学、貝類。西洋で生まれて新しい分類学も取り入れようとしていた。『目八譜』(掲載1064種)、『甲介群分品彙』(掲載605種)、『介殻稀品撰』など。現在使われている標準和名の多くがここから来ている。
    地方名・市場名 地方名・市場名は長いため下部に移動しました。クリックでジャンプします。
    生息域
    海水生。50mよりも浅い岩礫底。
    東北から九州。朝鮮半島、沿海州に棲息。
    生態
    基本情報
    ホタテガイと同じイタヤガイ科の食用貝である。アズマニシキ類として置いた方がいいのかも知れない。アズマニシキ、カスミニシキ、アカザラガイは貝の収集家以外にはまったく同種に見える。九州以北にアズマニシキ、東北から北海道にアカザラガイが生息するとある。カスミニシキについてはまったく不明だ。
    日本各地で食用とされてきたが量的に少なく、ほぼ流通の場には出ない。東京湾横須賀などでは漁師さんが好んで食べていたのだというが、今はとれないとも。
    韓国ではイタヤガイ科は「가리비(カリビ)」と呼ばれ食用となっているが、そのひとつだ。
    水産基本情報
    市場での評価/流通上見ていない。
    漁法/採取
    産地/
    選び方
    原則的に生きているもの。貝柱が痩せていないもの。
    味わい
    旬は不明。
    貝殻が硬く堅牢だが薄い。貝柱はやや大きく、熱を通しても硬く締まらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    アズマニシキの料理法・調理法・食べ方/生食(刺身)、ソテー(バター焼き)、焼く(焼き貝)

    アズマニシキの刺身 ホタテガイ同様貝柱が大きく、刺身で食べるが簡単である。貝を剥き、貝柱だけにして刺身状に切るだけ。甘味うま味はホタテガイに劣らず、食感は本種の方が強いようだ。表面をあぶってもいい。

    アズマニシキのバター焼き むき身にして食塩水で軽く洗う。水分をよくきりバターでさっと短時間ソテーする。イタヤガイ科は総てバターと相性がいい。ニンニク風味などを利かせてもいい。しょうゆをたらすとご飯にも合う。
    アズマニシキの焼き貝 片貝のみ外して食塩水で汚れなどをさっと洗う。水分をよく切り、上火で短時間に焼き上げる。7分通り焼き上がったら酒・しょうゆを合わせたものを振り、少しだけ焼いて出来上がり。貝らしい風味が立ち、貝柱の甘味が強くなる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)
    地方名・市場名 [?]
    バタガイ(バタバタ)
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所三重県志摩半島 
    カミサラガイ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所三重県熊野市二木島 
    チューチューギャー
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所佐賀県唐津市 
    アカザラ(アカザラガイ)
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所北海道、青森県 
    ミミカイ(ミミケエ ミミッカイ ミミッケ ミミッケエ)
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所千葉県君津市・木更津市 
    ヒラゲー
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所千葉県富津市大堀 
    ナベッケエ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所千葉県木更津畑沢 
    サラゲア
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所岩手県陸前高田 
    ホタテガイ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所東京湾・千葉県木更津久津間、香川県大内町(現東かがわ市)・丸亀市 
    イタラゲエ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所神奈川県金沢八景・生麦・金沢 
    チュチュガイ
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所長崎県鷹島村(現松浦市) 
    パッカン
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 場所青森県八戸市 
    イタラ(イタラガイ)
    参考『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社) 聞取 場所北海道渡島上磯、千葉県富津市・木更津・君津市人見・坂田、神奈川県横浜市柴・横須賀市東京湾岸 
  • 主食材として「アズマニシキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ