コケゴロモ

Scientific Name / Ostrea circumpicta Pilsbry,1904

コケゴロモの形態写真

殻幅7センチ前後になる。円形に近く、表面は青みがかり、内側は黄色く汚れたように見える。

    • 魚貝の物知り度

      ★★★★★
      知っていたら学者級
    • 食べ物としての重要度


      食用として認知されていない
    • 味の評価度


    分類

    軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱カキ目イタボガキ科カキ亜目イタボガキ科イタボガキ属

    外国名

    学名

    Ostrea circumpicta Pilsbry,1904

    漢字・学名由来

    漢字 苔衣
    由来・語源 『六百介品』より。不明。
    Pilsbry
    Henry Augustus Pilsbry (ヘンリー・オーガスタス・ピルスブリー 1862-1957 アメリカ)。軟体類(貝類)学者。平瀬與一郎が送った標本をもとに国内の多くの貝類を記載、発表。
    六百介品
    江戸時代に作られた彩色図譜。600種ほどの貝類を漢名、和名で紹介したもの。著者不明。

    地方名・市場名

    生息域

    海水生。陸奥湾〜九州。
    潮間帯直下の岩礁域。

    生態

    基本情報

    水産基本情報

    選び方

    味わい

    栄養

    寄生虫

    食べ方・料理法・作り方 (基本はオススメ順掲載です)



    好んで食べる地域・名物料理

    加工品・名産品

    釣り情報

    歴史・ことわざ・雑学など

    参考文献・協力

  • 主食材として「コケゴロモ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ