マガキ属

Classification Crassostrea Sacco, 1897

イタボガキ科について

世界中に生息している。孵化して一定期間自由生活を送り(幼生期)、やがて干潟や岩、貝などに付着して一生を終える。

国内で一般的に流通食用となるのはマガキ、イワガキ、スミノエガキなど。古くは盛んに食べられていたイタボガキは絶滅の危機にあり、非常に地域限定的になっている。

その他、地域地域で細々と食べられている種もある。

カキ類の代表的なものはマガキで、ヨーロッパなどで当地のカキが大量に病死したとき、日本から大量に種を移植した。今ではヨーロッパだけではなくアメリカでもマガキ養殖が盛んとなっている。ヨーロッパ特有のヨーロッパヒラガキ、ブロンなどあるが、マガキ以上に大量生産されているものはない


マガキ属について

国内に7種。
シカメガキ Crassostrea sikamea (Amemiya, 1928)/Kumamoto oyster
スミノエガキ Crassostrea ariakensis (Fujita, 1913)/Suminoe Oyster
スミゾメガキ Crassostrea dianbaiensis Xia, Wu, Xiao & Yu, 2014
マガキ Crassostrea gigas (Thunberg, 1793)/Pacific cupped oyster
イワガキ Crassostrea nippona (Seki, 1934)
ミナミマガキ Crassostrea bilineata (Röding, 1798) /Philippine cupped oyster ,Slipper oyster,
ポルトガルガキ Crassostrea angulata (Lamarck, 1819)/Portuguese oyster 沖縄県で見つかる。


マガキ属に属する仲間一覧

サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト